プロフィール

Author:Khajiita
盗賊ギルドとブリニョルフ大好きな小娘カジート。
基本的に興味のあるクエストしかやらないので、まだメインも内戦もしたことがない。

盗賊こむすめのまとめ
カジート姐さんのまとめ
(旧)盗賊こむすめのまとめ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
ブックマーク・リンク
検索フォーム

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイアンバインド弱肉強食

05 28, 2015 | 盗賊こむすめ

11 Comments
コメント欄で通りすがりの聞こえし者さんから
アイアンバインド墓地は不殺クリア可能か?という謎かけを頂きましたので、小娘行ってきました。

ポイントとしては
 ・ガスリックの武将にサルマとビーム・ジャで勝てるのか?
 ・そのあとサルマはビーム・ジャと戦ってくれるのか?
の2点ですね。

ひとまずさっさとアイアンバインド墓地へ。(今回は検証目的なのでFT使ってます)

skyrim_ss2872.jpg
これ、誤訳か何かなんですかね?
まさかサルマさんはこのときすでにビーム・ジャの裏切りに気づいて…なわけないか。

なお、今回の小娘は徹底して他人事モードです。お宝っても大したものないし…。

アイアンバインド墓地はまず数匹のクモを切り抜けたらドラウグルゾーン。

skyrim_ss2875.jpg
やっぱり近接戦士+魔法使いの組み合わせは強いですね。

基本的にこの2人はどんどん先に進んでくれるのですが、途中で何箇所かこちらを伺うように立ち止まってしまうので、
そこだけ先導する必要があります。
ヘルゲン脱出時のハドバル・レイロフみたいな感じですね。

サルマさんもなかなか強いのですが…

skyrim_ss2877.jpg
ビーム・ジャ強い!

現状、2人ともレベル上限(サルマLv26・ビーム・ジャLv30)に達しているためか、その他のドラウグルも
ほとんど障害にならないままに最奥に到達しました。

これはガスリックも行ける…?

skyrim_ss2887.jpg
ガスリックも強いんですが、フード付きのスケルトンが強い。
氷雪にアイススパイク、氷の精霊…生前はさぞかし名のある魔術師として活躍していたことでしょう。
もちろんガスリックも主にシャウトでスケルトンを援護。

と言うわけでサルマさん全然近づくことも出来ません。
ビーム・ジャがダウン回復→雷撃→氷の精霊にぶん殴られる→ダウン→以下略
って感じで少しずつ削っていきます。

小娘が流れアイススパイクに当たらないよう、こそこそと位置を変えながら応援すること20分。
ようやく何とか勝てました。
スケルトンが死んでからは速かったです。あれ、ガスリック…?

skyrim_ss2906.jpg
そしてこれは強制発覚。
隠密しててもお構いナシに話しかけてきます。

で、このあとサルマに押し付けつつ隠密体勢に戻ると何とかサルマVSビーム・ジャが開始しますが、
何の不具合かそのままビーム・ジャが戦闘に入らずスタスタ歩いて遺跡を出て行ってしまうことも。
サルマは戦闘体勢で棒立ちしてるんですが、話しかけても「お宝が~」という通常セリフ。
細かい条件は分かりませんでしたが、ひとまず戦闘は始まったので安心して傍観できます。

傍観できます。

skyrim_ss2896.jpg
傍観…しましたよ1時間くらい!

少しでもマジカを減らそうと、すっぽんぽんにもしましたよ。
でも全然ムリ。まず魔法使い相手に近寄れない。

モーサルでも思ったんですが、そもそも魔法使い相手にダウンすると試合終了です。
近接剣士は「立ち上がる→武器を抜く→接近する」っていうタイムロスがあるので、
もう近づくことも出来なくなるんですよね…。

と言うわけで、これはサポートが必要なようです。

skyrim_ss2910.jpg
なぜ麻痺杖なのかと言うと、サルマが近接なのでほうきを振り回すとサルマに当たる可能性があったので。
サルマのダウン回復にあわせてビーム・ジャを麻痺させ、死ぬまで繰り返します(ひどい)。

ちなみに麻痺杖自体はメルセル戦の前に入手してました。

skyrim_ss2900.jpg
結構体力あるのかサルマの攻撃力が低いのか分かりませんが、麻痺を3,4回繰り返して殴らせ続けます。
頑張れサルマさん…!

ちなみにビーム・ジャが麻痺で通路に吹っ飛んだので、サルマもろとも移動してきましたが、
ガスリックの武将(蘇生)は玉座の近くでふらふらしてました。おじいちゃん、ボケてるのかしら。

skyrim_ss2902.jpg
と言うわけで、なんとかアイアンバインド墓地は不殺クリア可能なようです。

上記のポイントをまとめると、
 ・ガスリックの武将にサルマとビーム・ジャで勝てるのか? →勝てる
 ・そのあとサルマはビーム・ジャと戦ってくれるのか?   →戦わないこともある。あとサルマのが弱い
って感じですね。

強さで言うと、
 スケルトン≧ガスリック>ビーム・ジャ>サルマ>>その他ドラウグル>クモ>>こむすめ
かなぁ…。本当にスケルトンがしぶとかった…。


   *   *   *


おまけ。

skyrim_ss2869.jpg


skyrim_ss2911.jpg
ツンデレ諦めたら、ただの馬鹿ップルになりました。
さて、お出かけの準備をしますか…。

スポンサーサイト

【番外編】ノルド魂は凍らない

05 26, 2015 | くまきんドラゴン巡り

6 Comments
そろそろ【番外編】表記を外して、独自カテゴリにしてもいいかなーと思い始めた第三弾です。

あれから修行と称してスカイリムを旅するくまきんですが、

skyrim_ss962.jpg
アイアンバインド墓地で「鋼鉄の両手斧(火炎の魂)」をゲットした直後のことです。
氷属性のドラゴンだったので、火炎の魂斧がさっそく役に立ちました。

そしてオーラ・ウィスパーを取りに行ったノース・ウィンド山頂で2度目のレッサードラゴン戦。

skyrim_ss1003_20150526002505943.jpg
体力もそこそこ増えてるので一撃でフィニッシュムーブにはなりませんでしたが、やっぱり怖いです。

その後、角笛を取りに行ったり、ドーンブレイカー取りに行ったり(メリ玉は自重しろ)しつつレベルは13に。
ドーンガードが始まってしまったので、その前にサーロクニル戦に挑むことにしました。

skyrim_ss1016_20150526002506896.jpg
サーロクニルは氷属性とのことですが、くまきんの魂はノルドで冷気耐性50%ですしきっと大丈夫…と思いつつも、
ミルムルニルのトラウマのせいで、ウィンドヘルムのオエンガルから「エルフの盾(冷気耐性30%)」を購入。
両手剣の代わりに倉庫で眠っていた「オークの剣(雷撃)」と併せて装備して、ついでに氷の生霊エキスも持って…

skyrim_ss1023_20150526002508aef.jpg
ドラゴンにセリフをあてるのが難しいというよりも、何ていうか、私がシリアス下手すぎる
自分で作ってて何だけど「起きろー」は違うと思う。絶対違うと思う。

skyrim_ss1026.jpg
違うとは思うけど、威厳のある感じの台詞回しなんて出来ないから仕方ないね。
ていうか、相対するべきドヴァキンがぬいぐるみの段階で、威厳なにそれおいしいの?って話ですね。

サーロクニル、トゲトゲしいのは氷柱をイメージしてるんでしょうか?格好いいです。
でも絶対この子に乗りたくない…くまきんに穴があいて綿が出ちゃう…。

そんなこんなで戦闘開始。
サーロクニルはフロストブレスとフロストボールに加え、シャウト「氷晶」とアイス・ストームコールを使ってくるそうです。
くまきんにどこまで耐え切れるか…!?

skyrim_ss1031.jpg
ノルド魂スゲエェェ!全然ダメージ喰らわない!
ちなみにアイス・ストームコールって空からアイススパイクが降ってくるんですね。
ダメージよりも見た目の恐怖感がヤバいです。

弓も持ってきてますが、アイススパイク喰らうとよろけて狙えないので、もう近接攻撃で吶喊します。

skyrim_ss1033.jpg
戦闘中は適当にSS撮ってるので、デルフィンが面白いことになってるのは後になって気づきました。

近接が予想外に戦いやすいなーと思ったところで気づいたんですが、
ミルムルニルはファイアーストーム使ってきましたが、サーロクニルはブリザードを使ってはこないんですね。
アレをやられたら減速効果も相まってとんでもないことになりそうなのでありがたいことです。

skyrim_ss1040.jpg
と言うわけで、ミルムルニルの10分の1くらいの労力で終了。
回復の薬とかはそこそこ使ったけど、メインのダメージソースは羽パンチだった辺り、属性防御って凄いですね。
いつも属性なんて関係ないカジートプレイなので、ちょっと衝撃的でした。

ところで。

skyrim_ss1043.jpg
死してなお、ドヴァキンと戦い続けようというのか…サーロクニル!
くまきんの中身が綿じゃなければ即死でした。

ちなみに、このあともアイススパイクを避けるために走り回りつつドラゴンソウルを回収するという、
わけの分からない事態になりました。
(なので骨や鱗回収のSSは撮り忘れました)

ようやくストームコールも晴れたところで、デルフィンと会話。

skyrim_ss1050.jpg
氷晶と言い、体を張って笑いを取る姿勢は素晴らしいと思います。
そう言えば、次は「外交特権」か…どうしよう、くまきんはパーティーの服なんて着れないというのに…。

命懸けかくれんぼ

05 23, 2015 | 盗賊こむすめ

10 Comments
skyrim_ss2805.jpg
盗賊ギルドクエストの戦績として人間・ドラウグル・ファルメル・ネズミあたりと戦ってきて、
ネズミ以外は大体隠密Tueeeって感じだったんですが、ふと気づいたのです。

ドワーフのオートマトンと戦ってないな…

というわけで、アバンチンゼルに辞典を返しに行くことにしました。

skyrim_ss1993.jpg
クエスト自体はだいぶ前に発生していました。
物を返しに出かけるのは二度目ですね。

アバンチンゼルはドワーフ遺跡にしては珍しく、ファルメルたちがまったく出現しない遺跡なので、
ドワーフとタイマンで戦うにはもってこいです。
あ、ちなみにファルメルがいる方が難易度低いんです。発覚しても同士討ちを狙えるから。

skyrim_ss2808.jpg
そもそもドワーフの機械って激昂効くんですかね。
まぁ今回は久々の本格隠密勝負ということで、使わないで行きます。

skyrim_ss2810.jpg
ラビリンシアンとかでもこういう演出ありますが、ゲーム的にはともかく、実際のところどういう現象なんでしょうね。
そしてなんでこの人たちは赤いんでしょう。他のところって青っぽい幽霊カラーだったと思うんですが。

まぁそれは放っておいて、いざドワーフのオートマトンたちと戦闘(かくれんぼ)開始です。

skyrim_ss2811.jpg
スパイダーはカサカサ移動して、立ち止まってぐるっと見渡して、Uターンして以下繰り返し。
なので、Uターン中に後ろをすり抜けて移動するのが基本になります。

ロボットだけあって、決まったルートを巡回するだけなので助かりますね。

skyrim_ss2819.jpg
スパイダーを切り抜けたら次はスフィアの登場。
スフィアの恐怖は何と言っても移動スピード。ころころと結構な速さで転がってくるのが怖いです。

まぁ一撃喰らったら即死ってのはいっそ清々しくもあります。
くまきんと同時進行で遊んでますが、同じゲームをしているとはとても思えません。
見敵必殺と見敵被殺って感じです。

skyrim_ss2818.jpg
こういう状況になると、スパイダーとスフィアのスピード差が役に立ちます。
焦らず騒がず待っていると、スフィアもスパイダーもこっちに向いていないタイミングが来ます。
その隙に大急ぎで移動です。今回のスキルMVPはサイレントロールで決定ですね。

skyrim_ss2829.jpg
これはヤバい。
手前のスパイダーが画面左に進んだ隙に階段下まで移動して、
それからスフィアが上に昇るタイミングで後をつけるようにして昇り、振り向きざまにサイレントロールですり抜け…

skyrim_ss2830.jpg
…ま、まぁ結果的には逃げ切れました。うん。結果オーライ。

そして。

skyrim_ss2834.jpg
アバンチンゼルで一番有名な初見殺しといえばこれですよね。
鍵のかかってない扉を開けたら殺人換気扇。
もちろん私もCSの頃に引っかかり、3度目で初めて換気扇に気づいたものです。

ちなみに開けてすぐ後ろに飛びのこうとしても結構引っかかるので、
むしろ明けると同時にサイレントロールで突っ込んだほうが安全です。

なお、この扉の中には回復魔法のスキル本「種族別の系統発生論」があります。
今回はスキル上がっちゃうから取ってませんが、結構面白い本ですよね。
ノルドのご主人様好き好きv なカジート小娘にとっては面白くありませんが。

skyrim_ss2838.jpg
このブログに貼ってるSSはほとんど画像補正済みのものなのですが、
実際のところアバンチンゼル(というかドゥーマー遺跡全般)はかなり明暗の差が激しいダンジョンです。

なので、暗がりを辿るように移動すれば、意外と見つからずに移動できます。
上のSSだと、奥の明るくなってるところはかなり危険なので、手前のスパイダーをすり抜けて右側通路から行くとか。

隠密向けのダンジョンではないはずなのに、よくよく見るとちゃんと移動できる影通路があったりする…
本当にこのスカイリムってゲームは何なんでしょうね。

skyrim_ss2842.jpg
スフィアがいなかったのと、比較的フロアが広かったのが救いです。
この辺まで来ればもうダンジョンも後半戦。なので、

skyrim_ss2846.jpg
そして誰もいなくなった…ですね。
アバンチンゼルの死亡フラグはヌチュアンドゼルに匹敵すると思います。
そう言えば、あそこも日記集めるクエストですし、戦闘なしでクリアできそうですね。
クエスト以前にニムヒを切り抜けられないので出来ませんが。

skyrim_ss2862.jpg
最奥フロアにはセンチュリオンが2体いますが、うち1体はすでに撃破済み。
水底さんたち、設定的にかなりこれは強いですよね。
ムジョルさんもセンチュリオンには負けてるし、センチュリオン撃破のNPCって他にいたっけ?
アルフタンドのスラ・トレバティスたちも1体倒してたかしら?

で、このセンチュリオンですが、基本的に初期位置から動きません。
定期的に向きを変えて警戒するような動作をするだけなので、撃破済みのセンチュリオン側から近づけば問題なし。

skyrim_ss2864.jpg
センチュリオンがあさっての方向を向いてる隙にささっと返却してしまえば発覚せずに完了できました。
ちょっとどきどきしましたが…よく考えてみると、一撃で死ぬのはスフィアと変わらないんですよね。
だったら、活発に動かない分だけこちらの方が気楽かもしれません。


と言うわけで、結論。
ドワーフのオートマトン、恐るるに足らず!

人間よりは難しいけど、動物よりは楽、って感じでした。
いやぁ、本当に隠密って素晴らしいですね。



おまけ。

skyrim_ss2510.jpg
実際のところ、ダンジョン内で色んな角度からSSを撮るほどには余裕のない潜入でした。
あと、上でも言ってますが、基本的に暗がりに潜んでいたので正面からのSSでも顔すら見えなかったり…

ちなみにツンデレはもう諦めてきました。甘やかせばいいさ!

【番外編】リフテン場外乱闘

05 18, 2015 | くまきんドラゴン巡り

10 Comments
skyrim_ss897_20150518012635d7b.jpg
なんかダメ人間ダメぬいぐるみ感が増してきた…

前回倒したミルムルニル(やっぱりレベルは不足していた)の鱗と皮ひもで「ミルムルニル鱗のアミュレット」を作成。

skyrim_ss900.jpg
シャウト上昇10%、炎耐性+25%、ヘルス回復速度+50%…これはいいものだ!
炎耐性+25%なんて、むしろミルムルニル戦で欲しかったですね(泣)。

さて。くまきんは無事にホワイトランの従士に任命され、ハイフロスガーへ向かうよう言われます。
実際のところ、ちゃんと戦ってプレイするなら早めにフスロダは三段階目まで取っておきたいので、
この辺のクエストラインは流れに乗っておきましょう。

skyrim_ss913.jpg
山登りして、フロストトロール倒して、ついでに「空の声」取って。
いやぁ、ノーマルだとレベル3でも勝てるんですね、フロストトロール。
よく考えたら戦闘レベル上げるためなら「空の声」取らないほうが良かった気もしますが、もはや無意識でした。

skyrim_ss916_20150518021423971.jpg
「声の道」が始まりますが、角笛は入手前でちょっとストップすることに。
なぜなら、前回ひいひい泣きながら倒したミルムルニルよりサーロタールは強そうだからです。
たぶん現状(レベル3)で行っても勝てないんじゃないかなぁ…としみじみ思います。

と言うわけでくまきんは修行の旅に出ることにしました。
一先ずは「愛の書」をクリアして魔法耐性をつけたいなぁ…とリフテンへ。
そして聞こえてくるあの音楽。

skyrim_ss940k.jpg
まだ魔法耐性ないの!よく燃えるの!と焦ったものの、どうやらミルムルニルほどには強くない様子。
というのも、このレッサードラゴン、元々はヤングドラゴンという名前でドラゴンの子供という設定だったそうです。
(なので口調が小娘と大差ありませんww)

skyrim_ss944k.jpg
こちらもレベル5まで上がってますし、全部体力に振ったのでHPも150まで増えてますし、
しかもハイフロスガー帰りに寄った隠匿の炉辺墓地のボスドラウグル氏から氷付呪のグレートソードをゲットしてますし。
決してミルムルニル戦のような絶望はありませんね。良かった良かった。
ぱっくんちょが怖いから、こまめに回復はするけどね!

skyrim_ss946k.jpg
リフテン門前ということもあって、衛兵や馬やカジートキャラバンがどんどん応援に駆けつけてくれます。
こうやって戦っていると、ミルムルニル戦の真の恐怖はやっぱりファイアーストームでしたね。
周りにNPCが多い環境だと、範囲攻撃を持ってるのはやっぱり脅威でした。

skyrim_ss947k.jpg
途中、メリーフェア農場に乱入するトラブルもありましたが、ドラヴィンさんたちは外に出ていなかったようで一安心。
別に関わる予定のないNPCでも、あまり死なせたくないのが人情ってもんです。

skyrim_ss928k.jpg
そしてわりとスムーズに討伐完了。
やっぱりレッサーというだけあって易しめのドラゴンなのでしょう。
早くレベル上げて、他のドラゴンさんにも会ってみたいものです。

ちなみにこの衛兵さんにはリアルでつっこみ入れました。今まさにリフテンが襲われてたじゃないかー!


   *   *   *


なお、今回のプレイでは縛りなんてやってる余裕はないぜひゃっはー!という気分ですが、
最大の縛り条件はくまきん(防御力24・軽装)以外の装備を一切出来ないことでした。
くまきんは全身装備なので、他の兜や小手やブーツなんかを装備できないのです。

なんで結局いつも何らかの縛りが入るんでしょうか。(←自業自得)

ご主人様とメイド②

05 16, 2015 | 盗賊こむすめ

10 Comments
skyrim_ss2770.jpg

ソリチュードから馬車でホワイトランへ。Elysium Estateに来ました。すっごく立派です!
ガラム・エイはさぞかし命が惜しかったのでしょう。

屋敷の右手は錬金素材の花壇と馬屋、左手に畑。畑の奥には別棟があるようですね。

skyrim_ss2764.jpg
屋敷の鍵は花壇の奥にある(SSではブリニョルフの影になってる)キナレスのモニュメントにアクティベート。
錬金素材って他のModでも思いますが、華やかなので寄せ植えすると本当にキレイですよね。
まぁその効用もある意味で華やかなものが多いですけど。
錬金しないプレイだと、ただの彩りですがとても良いものです。

skyrim_ss2765.jpg
立派!(ちなみに今回の記事で何度この言葉を使ったか分かりません)
フロアは手前のキッチンエリアと奥の暖炉エリア(タイトル画像になってるやつ)に分かれていますが、
どちらも椅子やテーブルが豊富に配置されています。

skyrim_ss2768.jpg
食材が入ってるカウンターの棚は冷蔵ケースになっているようです。
さらにカウンターには料理の本まで置かれている親切っぷり。

そしてこの料理本、すっごい機能がついてました。

skyrim_ss2801.jpg
チキン・ミート・フィッシュから選べて、しかも何人前出すかも指定できる…なんというドラ○もんの秘密道具クオリティ
これで2人の食事なのにテーブルの上は料理でいっぱい…という事態を避けられるんですね。

こういう機能を見てしまうと、これから他の家Modの食卓を見ても「2人前でいいのに…」とか不満を感じてしまいそう…。

他にも、ボウルに氷とワインが入ってたり、ジョッキじゃなくてゴブレットがデフォルトだったり、
全体的に、すごくセレブな雰囲気です。

skyrim_ss2769.jpg
正直言ってヴェケルどころかフラゴンメンバー全員連れてきて丁度いいくらいだと思います。

本来、ゲームで想定される家の滞在人数って、
プレイヤー+配偶者+養子2人+執政(+吟遊詩人+ペット)にフォロワーを加えて、って感じですかね。
フォロワーModなしでも最大7人が滞在する勘定になります。

それなら、多分この家くらいの広さや設備がぴったりなのかもしれませんね。


地下(半地下?)には生産設備が揃ってました。そして、

skyrim_ss2796.jpg
うん…この規模のお屋敷だもん、あると思ってたよ…。部屋は立派だし素敵なんだけど…。
何度か書いた気もしますが、小娘はマネキンがダメです。だって怖いんだもん…。
CSの頃のハニーサイドで地下に降りるとマネキンがすーっと歩み寄ってきたあの恐怖。

もうこの部屋は封印です。

あ、そうそう。書斎行きましょう。ブリッジファームではちょっと不満が残った部分でしたね。執務机。

skyrim_ss2787.jpg
何かもう、ありとあらゆる箇所に圧倒される家ですね。
てか何このラグマット。こんなオシャレな柄、スカイリムで見たことない。ここほんとにホワイトラン郊外なの?
ブルー・パレスのエリシフ首長よりもいい暮らししてますよね、確実に。

そして、この左の扉は裏口のようで、庭に出られました。そして念願の露天風呂。

skyrim_ss2791.jpg
風呂は広い露天と内湯、あとメインベッドルームに小さめの内湯。なんで3箇所も…と思いもしますが、
何かもうこのお屋敷にとってはこの位じゃ驚くにはあたらない気がしてきました。

ちなみに小娘はタオル付きです。UNPCM用だけど、バニラ体型の小娘でもなんとか着こなせます。さすが貧相。
そしてブリニョルフはほんとマッチョ体型ですね。盗賊にその筋肉は必要なのでしょうか。


で。
他にも部屋はたくさんありますし、アクティベートしたら何かが起こるらしい仕掛けもたくさんあります。
けど、正直言って紹介しきれないし、何か魔法の仕掛けもあるんですがスルー。
盗賊ギルドのお宝を飾れる棚みたいなのもあるんですが、貯水池で十分です。
持ってきちゃったらさすがにメルセルのこと怒れなくなってしまう気がする…。

何かもう、屋敷の立派さに圧倒されてる気分です。
そのせいなのか、この立派なお屋敷で一番気に入った部屋はここです。

skyrim_ss2783.jpg

skyrim_ss2785.jpg
いや、ふざけてるんじゃないですよ。ほんと素敵なんですよこの屋根裏部屋!
ラグとか毛皮とかクッションとかたくさん置いてあって、ごろごろできそうな環境が最高。

つくづく、狭い家の方が好みなんだなぁ…と実感しました。
いやでもBridgeFarmはさすがにちょっと窮屈過ぎたし…うーん、加減が難しい。

最後はベッドルームですね。

skyrim_ss2798.jpg
ハチミツ・皮ひも・ホーカーの牙はルストピ・ピストルのベルクさんからの頂き物です。
やっぱりBridgeFarmは魔王様のお隣さんだったようでして、
これでブリニョルフがあの牧場を別荘として購入することは決してないでしょう。

20150515.jpg
とのことなので…言われるがままに聞いてみました。
ちなみに小娘は他人の悪意とか皮肉とか悪戯心とかほとんど理解してません。

というわけで。


skyrim_ss2799.jpg



*   *   *

まとめ。

良い点
 ・立派!すごく素敵な家です。
 ・小物配置とか、食物とか鎧の飾り方とか、グリーンの配置とか、いちいち凄い。
 ・料理本がすんばらしい!他の家Modにも欲しいです、これ。
 ・屋根裏部屋!ときめきます。

ちょっと残念な点
 ・立派過ぎる!何か贅沢し過ぎって感じで落ち着かない(貧乏性)。
 ・お風呂が露天1・内湯2ってどこの高級旅館ですか。さすがにベッドルームにまでは…布団がカビそう…。
 ・マネキンはやめてくだしあ
 ・仕掛けとか自動装置とか情報量が多くてちょっと疲れます。

結論。凄く素敵だけど、たぶんこれはないかなぁ…。
家族やフォロワーがもっといるプレイなら、とても理想的なModだと思います。



   *   *   *

おまけ。

skyrim_ss2789.jpg
ツンデレが好きだけど、自分で書くとデレ分が多めになります。難しいですね。
何ていうか、今更小娘を相手にツンツンしても仕方がない気がするんだ…。暖簾に腕押しだし。


【番外編】Chaos Dragons

05 13, 2015 | くまきんドラゴン巡り

11 Comments
いつもコメント欄で遊んで頂いているyousukeさんの新Mod「Chaos Dragons」が公開されたので、
さっそくプレイしてみました。

yousukeさんのブログ(→Skyrim&Dragons)によると
>25種の新種ドラゴンを追加し、バニラの全てのドラゴンを強化し、
>名前つきのユニークドラゴン全てに固有の見た目と特性を与えます。

とのことで、ドラゴン好きによるドラゴン好きのためのドラゴンModということですね。
いまだにメインクエストもドラゴンボーンもクリアしていない私は明らかに門外漢ですが、まぁ気にしない(*・ω・)

ニューゲームでドヴァキンさん用意して、さっそくブリークフォール墓地を駆け足でクリアです。
なお、今回はサクサクとプレイを進められるよう、難易度Normalにしたんですが…結論から言いますが、甘かった。

一先ずはさっそく西の塔へ。ミルムルニルさんチィーッス(=゚ω゚)ノシ

skyrim_ss866.jpg
赤い!私の記憶だと白っぽいドラゴンだったはずなので、導入成功ですね。
それにしても、ドラゴン戦久しぶり過ぎて距離感がつかめません。ていうか戦闘自体久しぶりです。

skyrim_ss867.jpg
くまきんはいさましくけんをふりあげました。
かっこいいぞ、くまきん。がんばれ、くまき

skyrim_ss880.jpg
強 い ( 確 信 ) 。
いやいや、今のは私が悪かった。不用意に顔の方に近づいたからですね。ぱっくんちょ怖い。
やっぱりドラゴン戦は後ろの方から攻撃したり、遠くから弓で射ったりするのが正解ですよ。

skyrim_ss869.jpg

skyrim_ss874.jpg

skyrim_ss872.jpg

強 い ( 涙 目 ) 。
しかもなかなか体力が減りません…あれ、ドラゴンってこんなに硬かったっけ…
今までミルムルニルさんにこんな苦戦したことないんだけどなぁ…

これってアレなの?レベル3で立ち向かっちゃダメだったの?

その後も延々と燃えたりぱっくんちょされたりフスロダされたりビンタされたり。
そうしてるうちに、ミルムルニルさんはぬいぐるみの相手に飽きてしまったようです。

skyrim_ss876.jpg

skyrim_ss879_201505130312168ee.jpg
いやちょっと待って。巨人はともかくカジートキャラバンはやめて。
プロテクトだけど不死じゃないから。ファイアーストームとか巻き込み系は本気でまずいから。

ほーら、ミルムルニルちゃーん、おきにいりのおもちゃ(ぬいぐるみ)はこっちでちゅよー

とか何とか呟きつつ、キャラバンから引き離すように誘導し、ちくちくと弓で削ること40分。
ようやくここまで体力減りました。でも矢が切れました。

skyrim_ss878_20150513031214115.jpg
なのでここからは後ろの方から近づいてぱっくんされないように注意しつつ剣で攻撃。
あ、ちなみにズルなんですが、回復の薬はコンソール入手しました。でないと無理…。

これで負けたら、VeryEasyで再挑戦してやる…(´;ω;`)

skyrim_ss881.jpg
勝ったあぁぁあぁ終わったああぁぁうわあああぁぁあん。・゚・(ノД`)・゚・。(注:最初のドラゴン戦です)
メルセル戦より苦労した…。

skyrim_ss883.jpg
それぞれのドラゴンから固有の骨や鱗をドロップして、装備品なんかを作れるそうです。
何だかモンハンチックですが、物欲センサーは関係ない…のよね…?(嫌な思い出)


skyrim_ss886_2015051303151300a.jpg

せっかくですから、他のドラゴンさんにも会いに行きたいものですが、心が折れそうです。
今までこういう敵の変更や追加系のModって導入したことがなかったんですが、なんかもう硬いわ強いわ、
体力を少しずつ少しずつ削っていくあたりが、まさにモンハン気分でした。

でも、スカイリムでこういうガチな戦闘を楽しんだことはなかったから、すごく新鮮でした!
ドラゴンにやめてやめて助けて勘弁して…って思ったの、CSでプレイしてた初期以来かもしれません。

…でも、もう…VeryEasyでいいんじゃないかな…(遠い目)
とりあえず、愛しのダーネヴィールに出会うまでは頑張ってみたいし…。

続きを読む »

トカゲ危機一髪!?

05 11, 2015 | 盗賊こむすめ

6 Comments
skyrim_ss2748.jpg
せっかくのデートと別荘探しが、ジャリー・ラのせいで一変です。
まったくあのトカゲブラザーズは余計なことをしてくれたものですね。


   *   *   *


skyrim_ss2719.jpg
ブロークン・オール洞窟に到着。
金目のモノを片っ端から持ち帰って、ブリニョルフの機嫌を取るのが目的です。
まぁ、ブリニョルフに何も言わずに山賊のアジトに吶喊してる段階で、もう説教は避けられない気もしますが。

skyrim_ss2720.jpg
ちなみにギルドマスター装備なのは、小娘が足りないオツムで懸命に考えた結果として、
  ごしゅじんさまおこってる
     ↓
  ガラム・エイがギルドをだましたことになるから or こむすめがギルドマスターなのににげたから
     ↓
  ギルドマスターがおたからもってかえってきたら、みんなかいけつする!
という結論になったからです。

さて、このブロークン・オール洞窟。山賊の数も多く、なかなか歯ごたえのあるダンジョンなのですが、それ以前に。

skyrim_ss2725.jpg
ブラック・ブラッド略奪団は全員ハゲという凄まじいダンジョンです。
何か理由があるんでしょうか。入団資格はハゲていることとかあるんでしょうか。
(もちろんアイスランナーにいる人たちもディージャ以外全員ハゲてます)

skyrim_ss2728.jpg
隠密自体は順調です。
この洞窟、やたらと毛皮やワインが多いので、ギルマス鎧の積載量アップが地味に助かります。
金目のモノは全部持ち帰ってブリニョルフに褒めてもらうのです。
ただし、カゴとか鍋とかはいりません。メルセル邸で懲りました。

skyrim_ss2726.jpg
広く作られているからですかねー。
ちらほらとある松明が、すべて取り外し可能っていうのも助かります。

…が、隠密が順調だと特に語ることもないのが現状。
ハゲばかり見てても、ブログをご覧の方もつまらないことでしょう。

skyrim_ss2731.jpg

skyrim_ss2732.jpg
大体、私はいつも1記事あたりSSは10枚前後を目安に作っているのです。
今回の記事がやたらとSS多いのは、間違いなくハゲカウントを始めたせいです。何をやってるんだか。

…ちなみに、せっかくなのでハゲ皆様の所持金もスリ取っているんですが、
どいつもこいつも、可哀相なくらいお金持ってません。
10~20ゴールド程度ですね。宝石類もなし。武器も普通の鉄とか鋼鉄とか。

キャプテン・ハーガーがお宝を独り占めしているとか、船長を厄介払いしてやるとか、話してる人たちがいますが、
こんな所持金ではそれも致し方ない気がします。
…放っておいても反乱が起きそうな環境ですし、火のないところに煙は立たないという言葉もあります。
火種に油を注いだって、別にいいんじゃないですかねぇ…

skyrim_ss2746.jpg
と言うわけで、今回も「ナイチンゲールの口実」です。

クエスト完了はジャリー・ラが死ぬことなんですが、正直言って殺すほど憎んでるわけではありません。
小娘は、自分が殺されかけることは別に気にしていないので。
メルセル戦のときも、きっかけはブリニョルフが激昂かけられたことですし。

skyrim_ss2736.jpg
今回の落とし所としては、ブラブラ団がその影響力を低下させることでアイスランナーのようなやりすぎを抑制し、
かつガラム・エイに『わるいおともだち』と手を切ってもらえれば十分だと思ってます。

なので、激昂対象はキャプテン・ハーガーです。
部下に散々不満を持たれているリーダーが錯乱して暴れだした…内部崩壊には十分な条件ですね!
ジャリー・ラは…生き延びればそれ以上は何もしませんよ?

skyrim_ss2704.jpg
それにしてもハゲだらけでジャリー・ラ以外の固体識別がつきません。
てかキャプテン・ハーガーもハゲなのか…まぁここでキャプテンだけフサフサだったらその方が変か…。

まぁ一先ず、皆が大騒動のうちに小娘はスタコラサッサです。

skyrim_ss2741.jpg
あらら。
さっきの配置だといい具合に皆が集まってきていたので、これはジャリー・ラ生存フラグか?と思ってたのですが。

見に行ってみると…

skyrim_ss2706.jpg
どうやらフィニッシュムーブが発動したようですね。さよならジャリー・ラ。純粋に運がなかったようです。
幸運の女神様が加護してるナイチンゲールに喧嘩売ったのが仇になりましたね。
tclで出来るだけ探してみたけど、やっぱり首は見つかりませんでした。水の中かしら。

なお、キャプテン・ハーガーは激昂が切れるまで戦い抜いたようです。思ったより強かった…。


   *   *   *


skyrim_ss2753.jpg
そのころソリチュードでは、何か大変なことが始まりかけていました。
あ、ガラム・エイのファンの方がいらっしゃったら本当にすみません。

でもまぁ、三度目の正直という言葉もあるし、今後はきっと盗賊ギルドのために誠心誠意働いてくれるでしょう。
二度あることは三度…という言葉もありますが、うん、気にしない気にしない。

skyrim_ss2757.jpg
さて…これを盾に、さぞかしガラムは良い物件を格安で提供してくれることでしょう。
次回は、ホワイトラン方面を予定しています。

小娘的にはそろそろせくしーかじーと第3弾で迫りたいところですね。
頂き物のハチミツと皮ひもとホーカーの牙をそろえてご主人様の寝室に忍び込もうとゲフンゲフン


スーパートカゲブラザーズ

05 06, 2015 | 盗賊こむすめ

16 Comments
余談ですが、私の実家はネット環境がありません。あと22時には完全就寝。
結論: とっても健康的なGWでしたOTL

さて。リアルで1週間近くもブリッジファームでバカンスしたご主人様とメイドさん。
ドラゴン・ブリッジを抜けてソリチュードへ来ました。

skyrim_ss2714.jpg
ガラム・エイは物件の斡旋もやってるそうなので、今回のロールプレイでは別荘の斡旋をやってもらってます。
何?物件や土地の取引なんてしていない?やだなぁ、どこかの養蜂場を仲買してたじゃないですか。

ちなみに上のSSでブリニョルフが若干くたびれていますが…どうにもブリニョルフにBridgeFarmが似合わないんですよ。
なんと言うか、小娘に付き合わされてる感がすごい。
正直、ここまで日の当たるところが似合わない男だとは思ってませんでした。

skyrim_ss2715.jpg
このクエストをやろうと思ったのは、ガラム・エイとジャリー・ラ、ディージャは兄弟だと気づいたので。
東帝都社の横流しに加え、兄弟はガチの略奪団とか…なかなか黒いトカゲですね。
盗賊ギルドと今後とも仲良くやっていくためには、身辺をクリーンにして頂きたいものです(悪い笑顔)

skyrim_ss2646.jpg
交渉する小娘と、背後で聞き耳を立てるブリニョルフ。
まぁほらアレです。ブリニョルフが行くと絶対警戒されるでしょうから。

話し終えるとジャリー・ラが歩き出すので、せっかくですし尾行開始。
このままブロークン・オール洞窟まで行くのかな?と思いきや…

skyrim_ss2657.jpg
ソリチュード港でディージャと合流してました。
多分、プレイヤーが灯台に行ってる間にディージャがアイスランナーの方へ移動するのでしょうね。

skyrim_ss2660.jpg
夜になるのを待って、ブリニョルフはソリチュード灯台へ。小娘は港でジャリー・ラと待機してます。
ぶっちゃけ、そういう理屈付けでもしないとロールプレイがキツい時期にきています。
だけどブリニョルフと一緒だと隠密で切り抜けるの難しいんだもんなぁ…。
多分今後もクエスト系やるときは何だかんだ理由をつけて別行動になると思います。

skyrim_ss2662.jpg

skyrim_ss2663.jpg
今回のクエストはまぁ、どう考えても罠っぽい話ですし。
この段階で予想できる方向としては、
 1.灯台の炎を消させて、衛兵や帝国軍にタレ込む
 2.灯台から港に移動するまでの間にお宝奪って逃げる
のどちらかだろうと思います。
なので、戦闘になりかねない1の方にブリニョルフが来たとか、そんな感じなのでしょう。
小娘に灯台任せたら、迷子になる可能性もありますし。

と言うわけで、小娘はアイスランナー号へ移動。

skyrim_ss2667.jpg
そしてさっそくこれですよ。ブラック・ブラッド略奪団って、サマーセット・シャドウズよりもタチ悪いんじゃない?
というかスカイリムの山賊たちは砦占拠したり行商襲って皆殺しにしたりとやることが派手ですよね。
こんな世の中じゃ不殺の盗賊ギルドなんて大した問題にもならない気がします。

…まぁ、だからブリニョルフはギルドの掟を守ることにこだわってるのでしょう。
実際、窃盗と殺人じゃ懸賞金も衛兵の本気度も変わってくるでしょうしね。

なので、こういう略奪団だの山賊だのが荒らしまわると、巡り巡ってギルドのためにも宜しくないわけです。

skyrim_ss2673.jpg
大体、殺さなきゃ奪えない盗賊なんて、腕が足りないことを自白しているようなものです。
人様を傷つけることなく、そして気づかれることなくお盗めするのが盗賊の技ってものです。
(↑帰省中、暇なので父の鬼平を読破してたため影響受けてます)

skyrim_ss2682.jpg
無論、小娘にとっては盗賊の誇りがどうのってよりも、
「ごしゅじんさまがそういってたもん!」ってのが全てなんですけどね。
というわけで、影の戦士でスタコラサッサです。
この船倉は薄暗いし、個室も多いので逃げ切るのは楽勝ですね。


   *   *   *


skyrim_ss2677.jpg
もちろん帰ってきてブリニョルフに泣きつきます。
ガラム・エイは知らないでしょうが、結果から言うと、
盗賊ギルドのギルドマスターを罠にはめて殺しかけたことになりますね。

skyrim_ss2681.jpg
今回は長くなったのでここまでです。
ガラム・エイの命はどうなってしまうのか…乞うご期待!(まぁ殺しはしませんが。)


   *   *   *

以下、おまけの追記。ほぼ私信。

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。