プロフィール

Khajiita

Author:Khajiita
盗賊ギルドとブリニョルフ大好きな小娘カジート。
基本的に興味のあるクエストしかやらないので、まだメインも内戦もしたことがない。

盗賊こむすめのまとめ
カジート姐さんのまとめ
(旧)盗賊こむすめのまとめ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
ブックマーク・リンク
検索フォーム

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の裏話と、また迷子。

03 31, 2015 | 盗賊こむすめ

14 Comments
以前、ファイアブランド・ワインを盗みにブルー・パレスへ行ったとき(→ブルーパレス・トリップ)のことです。

skyrim_ss2271.jpg

skyrim_ss2276.jpg

skyrim_ss2283.jpg
…という訳でした。だからタイトルが「ブルーパレス・トリップ」だったというオチです。


skyrim_ss2263.jpg


ちなみに一応、スリとか毒とかを含めた正攻法が駄目だったときのことは色々考えていまして、
最終的に残った候補が、
 ・サングインのバラを手に入れて、ドレモラ召喚で戦ってもらう
 ・ワバジャックを手に入れて、即死を狙う
の2つでした。どっちも余所の神様頼みってあたりがもうノクターナル様に対する背教者レベルな気がします。

で、サングインのバラを入手するためにはクエスト「思い出の夜」をクリアする必要があるのですが、
前から何度も言ってる通り、たとえ未遂だろうとご主人様以外の人と結婚の約束とか小娘が死にます
あと、レベル帯的に召喚できるのがドレモラ・キンリーヴさんなので、ガチ負けする可能性も…。

というわけで、シェオゴラス様のお慈悲を賜ることにしました。
「乱心」は戦闘の必要もないし、複数個所を移動する必要もないし、シェオゴラス様様です。
まぁ小娘はブルーパレスの庭にいた変なおじいちゃん、としか思ってませんがね!
ワバジャック?まほうのつえだよ!


  *  *  *

では、黄昏の墓所に向かいます。
ピックを返せば、大まかなクエストラインは終わりですね。

ブロンズウォーター洞窟からスタートなので、一旦ウィンドヘルムへ向かい、馬車でファルクリースへ。
そこから徒歩で向かう…というのがベターと思われます。なんと分かりやすく、かつ安全な旅程…!

そう言えばクロシスのおじいちゃんはまだイルクンサンドにいるのでしょうか。
ちょっと気になりますが、戻る気はさすがにありません。

洞窟を出て、道へ向かおうと歩き始めると、さっそく人影が。
いきなり山賊とか、ほんとやめてよ?と恐る恐る近づくと、ステンダールの番人でした。

skyrim_ss2288.jpg
ああ良かった…と胸をなでおろしつつ、そう言えばいまや小娘も立派なデイドラ崇拝者です。
(注:マッドゴッドの方ではありません)
まぁ、ステンダールの番人さんの目は逃れられたようなので、ラッキーとばかりに同行させていただきました。

そして、ウィンドヘルムに到着し、馬車に乗りファルクリースへ。
ここまでは順調ですが、難関はここから。

skyrim_ss2302.jpg
ファルクリース~マルカルス間ってほとんど歩いたことないんですよね…。
マルカルス方面に徒歩で行くときは、大体ホワイトラン方面かソリチュード方面からなので。

とりあえず左に進んでみると、無事、ハーフムーン工場が見えてきました。良かった合ってた。
途中で左の獣道に入り、迷いませんようにと祈りつつ進むと、何か戦ってる音が聞こえてきました。
隠密体勢でこそこそと近づいてみると…

skyrim_ss2312.jpg
これは変わった組み合わせ。
野良山賊が巡回中のサルモールと遭遇したのかな?とも思いましたが…
まあ山賊も略奪団とかになるとかなり強いので分からなくもないですが、このあたりに生存者が見当たりません。
スカイリムのシステム的に相打ちはまずないはずなので、おかしいですね。

周辺を探ると、山賊の死体は3つ、サルモールの死体は1つ…そして…

skyrim_ss2318.jpg
ストームクロークがサルモールに勝ってる!?
珍しいこともあるものです。明日は空からスイートロールでも降ってくるんじゃないのかしら。

…まぁ、おそらく、山賊・サルモール・ストームクロークの3つ巴になり、
山賊である程度体力を消耗したサルモールに対し、ストームクロークが漁夫の利を得た…といったところでしょうか。
まさかガチで勝つほどのポテンシャルはあるはずもないでしょう。

もしも仮に、山賊もサルモールもすべてストームクロークが倒したんだとしたら…
あの兜の中身は、きっと通りすがりのドヴァーキンさんなのかもしれません。
ちょっとイルクンサンドに行って、ドラゴンプリースト倒してきて!ってお願いすればよかったです。


そして。

skyrim_ss2319.jpg
ブリニョルフは本気で小娘をギルドマスターにするつもりなら、もっと大事にしてくれてもいいと思うんだ…。

スポンサーサイト

アスタ・ラ・ビスタ

03 26, 2015 | 盗賊こむすめ

10 Comments
skyrim_ss2208.jpg
とりあえず、説得交渉(嘘)からスタート。
謝れば分かってもらえると思うあたりが小娘のスタンダードです。
小娘は盗賊ギルドが善人の集まりだと盛大に誤認しているので。

というか、本当に小娘としてはメルセル自身に対して恨みはないのです。
恩もあるし、できれば戦いたくなんかない…!

skyrim_ss2241.jpg
ブリニョルフに何してくれるのですかコイツは。
メタ的には2人とも無敵状態なんですが、体力吸収エフェクトがばんばん飛んでて怖いです。
ブリニョルフにナイチン剣渡したとき、そういえばこの展開忘れてたわ…。

何はともあれ、ご主人様の敵は小娘の敵です。それは決して揺るがぬ金科玉条。

skyrim_ss2251.jpg
メルセル、今日が貴様の命日だー(棒)

skyrim_ss2256.jpg
勝てるわけないよね!!

まぁそれは分かってました。ただのホウキじゃロクにダメージすら与えられないことくらい。
しかし、戦闘ベタな小娘に真必殺音速箒斬とか無理です。マジで無理。

あと、1つ分かったことがあります。
小娘の体力では、メルセルの攻撃1回で即死します。
二連疾風ランク2だの強烈な攻撃だののパークは伊達じゃありません。

持ってきた回復の薬が完全に無用の長物になりました。
そして、回復でしのぎつつ毒とか継続毒で削り取る作戦も無意味になりました。
所持重量の半分以上を占める薬物が重いです。そして今までに散財した金額を考えると泣けます。

skyrim_ss2242.jpg
ふはははは、しかしこの麻痺毒には耐えられまい…!

はい。麻痺は効きました。
狙いは当然ドワーフの剣。さあパーフェクト・タッチの恐ろしさを知るが良い…!と思ったのですが。

 現 在 会 話 は で き ま せ ん

会話したいわけじゃないんですけど…ていうかスニーク状態なんですけど…。

うん、あれだ。何でメルセル対策が「雪帷完了前」にドワーフの剣をスリ取ることなのかよく分かりました。
この段階ではもうスリ使えないんですね。
言われてみたら当然です。不壊のピックをスリ取ることができちゃフラグ管理が困りますしね。


skyrim_ss2243.jpg


…。


……。


(゚∀゚;) まだだ!まだおわらんよ!(この辺ですでに死亡回数2桁)

skyrim_ss2245.jpg
ピカチュ雷の精霊をスクロール召喚。
小娘は雷の精霊くんがメルセルを倒すまで逃げて逃げて逃げまくる作戦です。
メルセルは結構距離を取りたがるAIな上に、ヘイトが小娘に集中しているため、
雷の精霊くんに攻撃することはほとんどない模様。
おかげで、雷の精霊くんは安全距離からチェインライトニングを乱れ撃ちです。

これは…行けるかッ!?

skyrim_ss2246.jpg
はい残念でしたー。
これ、スクロールもう一本あれば倒せたなぁ…。
でも雷の精霊召喚の巻物なんてレアな代物、そうそう売ってないのが困りものです。
虎の子の一本は、ウィランドリアさんの忘れ物クエスト報酬だったのですが、はぁ、惜しい。

…てかメルセル、体力どんだけあるのよ…と溜息つきたくなりますが、
そもそもLv29で来てるからなぁ…おおよそ体力600くらいですか。


仕方がありません。
できればこの手段は避けたかったのですが…そうも言ってられませんね。



skyrim_ss2217.jpg

狂乱のデイドラ・アーティファクトの登場です。
メルセル…どうだ?どうだ?こいつは予測不能だったよな?

ワバジャックは火/氷/雷ダメージ、兎/鶏/マッドクラブ/ドレモラ・ヴァリナズ変身、透明化、
即死即死+灰(亡霊の体)化、即死+灰(亡霊の体)&ゴールド化、即死+灰&スイートロール可、体力回復…

狙いはもちろん即死オンリー。
ていうか狙いつけるの下手な上に高低差が大きいため、メルセルにかなり接近しないと当たりません。
属性ダメージくらいだと構わずに斬りかかって来る(脳筋)ので、そしたら1乙確定です。

そしてここから始まる小娘の即死祭り。
なんでこう…来て欲しい効果に限って出ないかなぁ…orz(←物欲センサー)


2015032501.jpg

死亡回数なんて数えるのは諦めました。
それ以前に、心が折れそうです。



そして。

skyrim_ss2229.jpg
うん。メルセルのこと、嫌いじゃなかったよ…。
こんなおいしそうな姿になる前に、誰かに弱音を吐いてくれればよかったのに…。

なんだかなぁ。

戦闘開始前に「お前は俺の同類なんだよ!」って叫んでるけど、こちらを糾弾してるんですかね、あれ。
どう考えても、自分の同類でいて欲しい、ってだけじゃないかなぁ、と思うのですが。
素直に友達欲しいって言えばいいものを。どうせ誰も自分のこと分かってくれない、って拗ねたりしないで。

最期までツンデレなんだから。



とか何とか考えつつ、不壊のピックとファルメルの目、そしてスイートロールを回収してイルクンサンド脱出です。
さて、あとはピックを返すのみですが…

skyrim_ss2264.jpg


天然シャドウクローク

03 22, 2015 | 盗賊こむすめ

6 Comments
イルクンサンドに入るとすぐに、ロックピックとブラックブライアのリザーブ。

skyrim_ss2158.jpg
スカイリム的には、これ取ったら罠が起動してドカーン…とかありがちな傾向ですが、
これは本当にただ置いてるだけです。メルセルいい人。
どこかの殺意に満ち満ちた模型船トラップを仕掛けたお嬢は見習うべきだと思います。

そしてさらに進むと、メルセルがファルメルをスニークで倒すデモンストレーション。

skyrim_ss2159.jpg
NPCのスニークアタックって珍しいですよね。ここ以外で見れる機会ってあったかしら。
まあ何にせよ、メルセルに会うのも久しぶりですが、元気そうで何よりです。

そして、スニークの難敵となる時間制限レバーですが。
さすがにここはダッシュしなきゃ無理ってものかね…と思ってたのですが、
これってスニークでころころ転がっても間に合うんですね。

skyrim_ss2160.jpg
結構ギリギリのタイミングではありましたが。
階段昇ったり降りたりしてるファルメルが、階段下にいるタイミングなら、ぶつかる心配なくころころできます。

そしてこのフロアにはドワーフ必殺の殺人換気扇があるのですが…今回は完全スルー。
体力100では事故率が高過ぎて、とてもじゃないけど遊べません…。
3回くらいエバーグロームの夢を見ました。即死トラップ過ぎる。

そのあとも、メルセルが塔を崩したり、色々あるのですが…とりあえず半ばまで辿りついて思うこと。

skyrim_ss2172.jpg
ファルメル相手に隠密100+ナイチンブーツはオーバーキル。

いやもうこれ、全然見つからないんですけど。
スニーク状態で普通に移動してるだけで、まったくと言って良いほど気づかれないんですけど。
一度サイレントロール状態で衝突しちゃったけど、それでも気づかれないんですけど。

メルセルの置き土産であるスクロールを頂いて、さらに先へ。
次のフロアはドワーフ・センチュリオンがお待ちです。

skyrim_ss2186.jpg
プレイヤー的には、センチュリオンとファルメルの同士討ちを狙おうかな…という目論見でした。(過去形)
相打ちになってくれればおいしいし、そうでなくても争ってる間に抜ければOK、と。

skyrim_ss2185.jpg
ファルメルもレベル帯が高くなってるため、グルームルーカーがちらほらといるせいでしょうか。
何度か試しても、流石のセンチュリオンも上位ファルメル4人がかりくらいでボコられると、すぐに沈んでしまいます。
1人2人を道連れに出来れば良いほうで、1人も倒せず終了することすらあるレベル。

で、問題なのが、どうやらブリニョルフもカーリアも戦い始めるきっかけは、
敵に発覚したことではなく、敵が戦闘状態に入ること、のようなのです。
つまり…こちらは全然見つかってなくても、ファルメルVSセンチュリオンが始まった段階で試合開始なのです。
と言うわけで、思いがけず乱戦がスタート。

近接武器のファルメルにスクルカークラスがいる段階で、弓主体のカーリアがダウンするのは想定内でしたが、
ナイチン剣持ってるだけあって、ブリニョルフはそれなりに持ちこたえてくれます。
メルセルにも思うけど、ほんと、体力吸収系の武器はえげつないわー…。

skyrim_ss2233.jpg
まあブリニョルフの善戦は、片っ端から小娘がファルメルを麻痺毒でぶんなぐってるのもあるのですが。
雪帷のときとはやる気が違います。
ご主人様にいいところ見せたくて張り切ってるのでしょう。体力100なのに。

ちなみに今までプレイしつつ、地道に盗んだり買ったり貰ったりしてきた麻痺毒は、集めに集めて50本強。
ここに50体も敵いないだろ…とは思うのですが、雪帷で予想外にメルセルが頑張ったので余ってるのです。

せっかくだから、ここでファルメル相手に無双というのも悪くな…

skyrim_ss2189.jpg
う わ ぁ 。 ( ゚д゚)

調子こいてほうき振り回してたらとんでもない所から雷が降ってきた…。
スクルカーマジで怖い。なんか体力が一瞬で7割溶けたんですけど…。
まあこのあとブリニョルフが倒してくれたんですけども。ごしゅじんさまかっこよすぎる。


…と。

実は、今回の戦闘はここだけでした。
というか、これもスイッチ押さなければ隠密可能でした。

その後なんですが…

skyrim_ss2197.jpg
拷問部屋のファルメル通過。
その後のファルメルだらけのフロアもまったく問題なく通過。

skyrim_ss2200.jpg
次のフロアはパイプの上を通ってほぼショートカット。

skyrim_ss2201.jpg
最後のシャウラスも問題なし。

隠密100+ナイチンブーツはオーバーキル。(大事なことなので2度言いry

記 事 に な ら ん わ !(ネタ的な意味で)

そして、とうとうイルクンサンド最奥へと到着。
さあ…メルセルが盗み取ったギルドの幸運と誇りとやらを返して頂きましょう。

skyrim_ss2205.jpg
このトラウマはメルセルではなく主にカーリアのせいな気がします。

さあ、次回はお待ちかねのメルセル戦。策は(多分)万全です。
何回かはエバーグロームの夢を見ると思うけど、勝機はある…と思う。きっと。

イルクンサンドの支配者

03 18, 2015 | 盗賊こむすめ

8 Comments
迷った果てに。

skyrim_ss2125.jpg
ああ、ようやく現在地が分かりました。
確かイルクンサンドはこの南西。ここまで来れば辿り着けます。

そしてここで気が緩んだのか、盛大なポカをやらかしました。

skyrim_ss2126.jpg
…今回プレイは野良ドラゴンを出していないのですが、何でだか知らないけど、
つまりクロシスもいない!と勘違いしてたんですよね…orz

いないわけないじゃん…。ドラゴンプリーストとドラゴンの復活はまた別物じゃん…。

多分、延々と雪山をさまよったので思考回路がうまく働いていなかったのだと思われます。
しかしアレだ、これは…少しどころか相当ヤバいです。

周囲に遮蔽物があまりないので、ダッシュで逃げると背後からエクスプロージョンを喰らって吹っ飛びます。
仕方がないので、クロシスと向き合う形でエクスプロージョンを避けつつ、じりじりと移動するしかないのですが、
それでは距離が取れずまったく逃げ切れません。

skyrim_ss2128.jpg
しかも氷の精霊とか召喚してくるしもう…orz

エクスプロージョン避けつつ氷の精霊をすり抜けるって、なんたる苦行。
ついでに氷の精霊をエクスプロージョンに当たるように誘導していると、苦行を通り越して楽しくなってきました。

というかこの戦闘縛りルールのせいで、攻撃を避けるプレイヤースキルが上がってる気がします。
スカイリムにおいて、そのスキルがなんの役に立つというのでしょうか。

skyrim_ss2130.jpg
そして目的地であるイルクンサンドに到着。というか乱入
こんなバケモノをスカイリムに解き放つわけにも行きません。お願い山賊さん何とかして。

なお、避けて避けて避けまくった結果、エクスプロージョンの杖がガス欠になったらしく、アイススパイクに切り替えてきました。
氷の精霊呼ぶ辺りもそうだけど、クロシスさん自体は氷魔法使いのようですね。

効果範囲の広かったエクスプロージョンに比べ、着弾の早いアイススパイク…
避けやすさはどっちもどっち、と言ったところでしょうか。
まあ、これがチェインライトニングとかだったら…小娘今頃\(^o^)/オワタ状態でしょうから、不幸中の幸いですね。うん。

skyrim_ss2134.jpg
数千年ぶりの戦いだからか、クロシスさん超ハッスル。超アグレッシブ。
イルクンサンドは結構たくさんの山賊さんがいらっしゃるのですが、まったく相手になりません。
矢を射掛ける相手はアイススパイクで貫き、囲んでくる近接組は氷の精霊で蹴散らし…。

skyrim_ss2136.jpg
あっという間に残るは山賊長1人きりに。
さすがボス格だけあって頑張ってるけど、いくらなんでも分が悪すぎます。
ていうか山賊長、なまじ体力が多いだけに、見てて可哀相になるくらいアイススパイク打ち込まれてます。

skyrim_ss2137.jpg
山賊全滅。さすが、竜教団の指導者たるドラゴン・プリーストは格が違った…。
ちなみに画像に映ってないところにもたくさんのご遺体があります。ホントに全員殲滅されました。

このままクロシスを放置してはスカイリムの未来が心配…と思いましたが、どうやらクロシスさん、
相当遺跡の奥まで入り込んでしまったらしく、敷地内をうろうろするだけで出て行く気配がありません。
細い通路はあるけれど、多分クロシスさん気づいていないのかな?やっぱり数千年経ってるしボケてるのか。

なので…うん、封印できたということで。

ドワーフの遺跡であるイルクンサンドが新たなるドラゴン・プリーストの遺跡になるのですね。
あんな野ざらしの棺よりも、こっちの方がきっと居心地が良いと思います。

そういうことにさせてください。だってこれ、もうどうしようもない。


  *  *  *

外の喧騒は置いておいて、イルクンサンド・アルカネックスに潜入。

入ってすぐに惨殺死体がお出迎えですが、そのほかはドワーフスフィアが一体いるくらい。手薄ですね。
主に厄介なのは、敵よりもトラップ…という、典型的なドワーフ遺跡です。

skyrim_ss2146.jpg
火炎放射器がぐるぐる回ってたりね…。
結局ナイチンゲールの鎧は着ていないので、防御力なんて夢のまた夢。
燃える→焦る→方向間違える…というなんともアホなコンボで大変な目に遭いました。

で、面倒になったので、ガレキの上を越えて進みました。


イルクンサンド前でブリニョルフ&カーリアと合流。

skyrim_ss2148.jpg
クエスト限定フォロワーなので、リフテンを出るところから同行できないのはシステム的には分かりますが、
小娘が一人旅で、こいつらが一緒に来ているというのがジェラシーで燃えつきそうです。
システム的には分かりますが。分かりますが。

skyrim_ss2151.jpg
だから迷子になったのです。その結果があのザマです。
ドワーフ砦に君臨するドラゴン・プリーストとか、数紀後には新しい伝説になってそうです。
それも全部小娘と一緒に行ってくれなかったご主人様のせいです。

ちゃんと構ってくれなきゃ小娘だって少しはスネるし、馬だったらケリの1つも入れるというものです。
ほら、愛情はプライスレス、って言うじゃないですか。

…これが終わったら、散々ブリニョルフを連れまわしてやる…!まずはモーサルからだ…!と決意を新たにし、
なにはともあれ次回からようやくイルクンサンド潜入です。



余談ですが、今回の死亡回数は9回です。(うち1回は火炎放射器)
ドラゴン・プリーストまじでこわい。

Kyrie Eleison

03 14, 2015 | 盗賊こむすめ

4 Comments
イルクンサンドへ向かう前に、イヴァルステッドへ行くことにしました。
目的は毎度お馴染み「空の声」です。

…目が見えないファルメルはともかく、シャウラスが怖いのですよ…ベリハ的に、噛み付き即死なので。

と言うわけで、一旦ギルドに戻って対メルセル戦の準備をし、それから徒歩でイヴァルステッドへ向かいます。
ノクターナル様の衛士になったのだから、きっとランダムイベントも良いことばかり起こるに違いありません(フラグ)。

前にも同じようなこと書いた気がします。

skyrim_ss2087.jpg
ほらやっぱり!やっぱり襲われた!
ノクターナルの加護なんて嘘っぱちじゃないですかー!
暗いんだから、あまり走り回ったら道に迷うんだから、勘弁してください…と嘆きつつ逃げていたら、
なんだかオークさんが追いかけてこなくなりました。あれ?

skyrim_ss2088.jpg
何かよく分からないけど凄いことになってます。

あれ?…これ、ノクターナル様のご加護?
襲われたと思ったら森の仲間が集まってきたって、オツベルと象か何か?こむすめサンタマリアに祈るの?
あ、タルスガルは森の仲間じゃなかったか。まぁ似たようなものですが。

ちなみに信仰心とは、偶然を必然と思うところから生まれるらしいです。
大学のときの宗教学の教授がそんなことを言ってた記憶が。ちょっと実感しました。

そんなわけでオークさんから逃げ切って、イヴァルステッドまで道半ばを過ぎたあたりで、アルゴニアン氏に遭遇。

これは小娘大好きムーンシュガーを売ってくれる良イベントですね。
糖分補給に疲労回復…ハイフロスガー登山遠足のおやつにムーンシュガーはぴったりです。
ぜひとも1つお買い上げ、と思ったのですが。

skyrim_ss2095.jpg
襲われていますね。何ででしょうね。

普通にお取り引きしただけなんですけど。盗賊ギルド的な意味で。
90%の確率とは言え、ムーンシュガー5個連続は厳しかったか。0.9^5=0.59…行けそうな気もするんだけどなぁ。

走って逃げると、すぐ近くに懐かしい人がいました。

skyrim_ss2098.jpg
すぐ目の前はトレヴァの監視所。それにしても、まだこのキャンプにいたのか…。
以前(盗賊こむすめの本気)砦を奪還したじゃない…と思ったら、砦の山賊ってリスポンするんですね。
この人、永遠にホームレスのままなのか。

とは言え、今の小娘にはありがたい援軍です。
アルゴニアン氏は最初から粗末なチュニックに武器なしですし、魔法使いの敵ではない…

skyrim_ss2102.jpg
相変わらず貧弱な人だ…。
またここで回復→やめてくれ!のループが始まるのも辛いので、ここは小娘もちょっと頑張りましょう。
あの時はただのスリしかできない小娘でしたが、今やナイチンゲールの衛士なのですから。

skyrim_ss2103.jpg
とりあえず麻痺毒で一撃。ナイチンゲール関係ないですね。
対メルセル戦に備えて色々持ってきているので、1本くらいここで使っちゃってもいいでしょう。

あとはストーリオさんの回復を待とうと、ほうきをしまうと…

skyrim_ss2115b.jpg
なんかお茶会が始まりました。
武器下ろせば敵対解除だったのか…アルゴニアン氏、スリの小娘に対してなんと寛大なトカゲなのでしょう。
これは申し訳ないことをしました。
あと、ストーリオ氏は殴られ損ですね。本当にすみません。

…と。

こんなことをしていたらいつまで経ってもイルクンサンドに着けません。
楽しいお茶会はここまでにして、小娘はイヴァルステッドに向かいます。


そして、これ以降は特に問題もなく、イヴァルステッド到着。
まぁトレヴァの監視所まで来たら、目と鼻の先ですし。
さっそくハイフロスガー登山を始めますが、「空の声」はけっこう使うので、
いつの間にやらハイフロスガー道中の敵配置も石碑の場所もだいたい覚えています。

skyrim_ss2119b.jpg
ハイフロスガーが晴れていると、得した気分になるのは何なんでしょうね。
清々しい青空が、キナレスの祝福を表しているかのよう…あ。

小娘、ついこないだノクターナル様の衛士になったばかりでした。
あれ…これ…背信なの?


うっすらと不安を感じつつ、ハイフロスガーを下山して、いざ本当の目的地であるイルクンサンドを目指します。

まぁこの手の嫌な予感というのは、大抵当たるものです。世の中そんなもんです。
…その先には、野生動物よりもランダムイベントよりもメルセルよりも怖いものが待っていました。

skyrim_ss2122.jpg
その名は迷子

道なき道を行くなんて、小娘には無理なのです。
地図とコンパス縛り、マジできつい…。

20150314.jpg

次回、イルクンサンド突入!…辿り着ければ。


ナイチンゲールの鉄壁

03 10, 2015 | 盗賊こむすめ

8 Comments
耳は出ませんでした。


…さて。前回、メルセル邸から根こそぎかっぱらってきたわけですが。
その中に小娘待望の「アルゴニアンの侍女 第1巻」があります。
これぞメイドのためのベストセラー。さっそく読み仮名振ってもらいに行きます。

skyrim_ss2019.jpg
メルセルは裏切りの件がなくても、もうギルドに戻れないんじゃないかな?
隠れ家に置いておいたはずのエロ本が、みんなに見つかった上、読み仮名まで振られている…。
何という羞恥プレイ。

skyrim_ss2023.jpg
ヴェックス姐さんは口が悪いだけで、実際のところ凄くいい人ですよね。
結婚したいと考えるドヴァキンさんがたくさんいるのも不思議はありません。

それにしてもフラゴンはいつもどおり平和です。
ああ本当にギルドに帰ってこられて良かった良かった。


…いや、こんなことしてる状況じゃないんですけどね。
どうにもこの辺り、ひたすらクエストラインを追いかけ続けるだけなので、ついネタに走りたくなってしまいます。

だって、発売から3年以上経ってるし…このブログをご覧の方で「この先どうなるの!?ドキドキ」なんて方は
いらっしゃらないのではないかと思います。(もしいたらすみませんorz)
まぁ小娘だし…別の意味でこの先どうなるの、とは思いますが。

それではメルセルの恥も晒したことだし、大立石に向かいます。

skyrim_ss2026.jpg
先に来ていたブリニョルフとカーリアは何やら深刻な話(?)をしていた模様。
実際のところどうなんですかね、カジート小娘を愛玩している(ように見える)成人男性って。タムリエル的に。
過去作プレイしてないので、いまいちその辺の事情が分からなかったりもします。

そう言えば、ここでカーリアと会話を済ませるとブリニョルフがプレイヤーのフォロワー状態になります。
ModだのコンソールだのがないCSでは唯一となるブリニョルフを連れ歩けるチャンスだったりします。
おかげで私はCSの頃、ここで盗賊ギルドのクエストラインを長きに渡って止めてしまっていました。

アイテム交換も待機も隠密もしてくれないブリニョルフ相手に、ナイチンゲールの剣をスリ渡して、
各ホールドやダンジョンをうろうろ歩き回り、マーラの聖堂で結婚式ごっこを行い(迷惑)…。
会話が「カーリアは信用できると思う」で固定されていて、ヤキモチで血管が切れるまで連れ歩いたものです。

それに比べて今は…ああ、PC版最高!…っと、話題が盛大に逸れました。

skyrim_ss2034.jpg
ナイチンゲールに関する説明をカーリアから受けます。
この辺のブリニョルフの『とにかくメルセルを殺すのが最優先』という徹底っぷりは、
ああ、やっぱりこの人もノルド(脳筋)なんだなぁ…としみじみします。

ギルドの金庫では「頭に血を上らせる訳にはいかん」とか言ってましたが、激昂してないだけで、
自分が死後どうなるかというよりも、目先の裏切者を叩っ切るほうが重要なんでしょう。
ベクトルがちょっと違ってるだけで「勝利か、ソブンガルデかだ!」って叫んでる一般ノルドと大して代わりません。
小娘は「そういうとこもすてきー」とか思って追従してるだけなので、こっちの方がタチ悪いですが。

ノクターナル様は信仰とかは求めていないようなので、多分良いのでしょう。これでも。

skyrim_ss2059.jpg
まあガルス&カーリアと違って、こちらは恋人同士ではないのですが。
少なくとも小娘にとっては、これが最大の報酬だと思います。
そしてブリニョルフがナイチンゲールになると言うことは、死後も小娘に付きまとわれると言うことです。
自分でプレイしておきながら何ですが、本当にそれでいいのかブリニョルフ。

それでは、いざ、ノクターナル召喚の儀式へ。

skyrim_ss2067.jpg
デイドラ信仰なので間違ってはいないのですが。
なんか間違ってポテマでも降臨しそうな光景です。

何はともあれ、正式にナイチンゲールに任命(?)され、カーリアからようやく「不壊のピック」の話が聞けます。

鍵だけじゃなく、自分の能力も開くことの出来るピック…なんというチート。
つまり不壊のピックを使えば、小娘も漢字が読めるようになったり、魔法が使えるようになったりするのでしょうか。
それはとても魅力的ですね。

で。

それでですね。


skyrim_ss2074.jpg
とうとう今回もこのお話が来てしまいました。盗賊ギルドマスター。
この会話ラインはデフォルトで「お前の方が適任だろ」という選択肢が用意されています。
すなわち、普通のドヴァキンさんであったとしても、何でやねん、と突っ込みいれるレベルです。

ましてや、今回のこの小娘をギルドマスターにしてどうしようというのでしょう。

盗賊としての腕前ならそこそこのものですが、指導者と言われても正直言って困ります。
あと、多分、ギルドの他のメンバーも腕を認めてくれてたとしても、トップに頂くか、と言われたら苦笑すると思います。
…まあ、反論したところで丸め込まれて終了なのですが。

丸め込まれているあたりで、これをギルドマスターにしたらヤバいと察して頂きたいものです。

skyrim_ss2079b.jpg
よりにもよってアホな小娘に、頭の心配をされ、哀れまれるという屈辱的な話ですね。

小娘としてはご主人様がギルドマスターになって、メイドとしてお仕えできるのが理想なんですが、どうしたものか。
何でもウィンターホールド大学はトルフディルを学長に出来るModがあるそうですが、盗賊ギルドにはないのでしょうか。
盗賊ギルドのクエスト改変系Modって、盗賊ギルド壊滅ルートとかしか見たことないのよね。

クエストラインを止めてしまうというのも手ですが、そしたらブリニョルフとお出かけできないしなぁ…。
Modで別荘を導入して、そこでご主人様とメイドごっこをするのが夢なのです。

ま、一先ず次回からイルクンサンドです。
未来のことは、メルセルに勝ってから考えるのでも遅くはないでしょう。…勝てるなら。


時給400ゴールド

03 05, 2015 | 盗賊こむすめ

4 Comments
では、さっそく複製の羽ペンを取りに行ってきます。

skyrim_ss1984.jpg
何を着てるんだ、というツッコミは謹んでお受けいたしますOTZ

最初はちゃんとした水着を着せてせくしーかじーと第2弾!とかアホなこと考えていたのですが、
そりゃもう笑えるほど似合わなかったのです。
て言うかね、黒猫にどれだけ露出させてもセクシーになるわけないのですよ。毛皮もふもふだもの。
で、もうネタで行くしかない、とスク水Modを導入してみたら、ゼッケンのddsファイルが独立してるわけです。
これは、チョコModで培ったテクスチャすり替え作戦を再び発動させるべきかと思いまして。

skyrim_ss1985.jpg
小娘は漢字を覚える前にひらがなの書き取りをもっとやるべきですね。

さて、と言うわけでスク水でいざホンリッヒ湖へ。
ちなみに、夜ではなく真昼間に突入したのは、夜だと羽ペン見つけられなかったからです。
盗賊ギルドクエストなんて、CSの頃から数えて何度もクリアしているので、
大体の場所は覚えてはいるのですが。夜の海は侮りがたし…。

なので、風邪引かないうちに、というか誰かに見られる前に急いで取りに行きましょう。

skyrim_ss1989.jpg
で、さっさと羽ペンをゲットし、それをメイビンに届け、借金帳消しの証文を貰い…いざヴァルドのところへ。

このクエストは事前にブリニョルフから「邪魔になる人間は誰だろうと殺して構わん」とお墨付きを頂いており、
その上で最初に会う敵対NPCがこの人なので、さっくり殺されてしまいやすい人ですよね。
ヴェックス姐さんの元カレだったり、羽ペン探しが地味に面倒な辺り、そのつもりで配置されてる気もします。

skyrim_ss1998.jpg
ギルドの入り口傍なので、ギルドへ誘導してみんなにフルボッコしてもらうのも良いのですが、今回は平和裏に。
こうしちゃいられない!とか言いながら駆け出すヴァルドさんから、手間賃として手持ちのゴールドをスリ取り、
弓矢でタラップを下ろし、ようやっとリフトウィールド邸に潜入開始です。

内装はなかなか豪華な家ですが、これもギルドから掠め取ったお金で作り上げた贅沢。許すわけには行きません。
なので、取り敢えず持って帰れる分はギルドに還元して頂こうと思います。

skyrim_ss2005.jpg
棚に置いてある備品から、引き出しの中のガラクタまで、片っ端から全て持ち帰ります。
なんだか引越し業者になったような気もしてきましたが、とにかく全部回収します。
どうせガラクタ、碌な値は付かないでしょうが、ほら、オトシマエつけるのも大切じゃないですか。

skyrim_ss2007.jpg
全て回収して、最後は中にいらっしゃるごろつきどもの装備も頂きます。
内側からかんぬきが空けられないのはバグらしいので、装備だけで我慢してあげましょう。
ブリニョルフが殺してオッケーと言ってたので、開くのならリフテン市街まで誘導してムジョルさんの剣の錆に…
とも思ったのですが。残念ですね。
ちなみにここの人たち、装備は鉄のメイスだの毛皮の鎧だのと安価です。さてはメルセル、碌に給料払ってないのでは。
借金のカタで働かされてたヴァルドを見ると、そんな気がします。

流石に重量オーバーになったので一旦ギルドに戻り、再び盗みに戻ります。
鋳鉄鍋とか木の皿なんていらんとは分かってますが、気にしない気にしない!
とにかく、もしもメルセルが戻ってきたときに、こちらの本気を見せ付けるのです。

屋内にあるものは全て盗み終えたので、タンスの裏の通路を通ってメルセルの隠し部屋へ。
床にスイッチあるタイプは羽根の歩みで全然問題ないのですが、ギロチンが真剣に怖いです。
2回当たれば終了なのですが、ここのギロチン通路長いのよ…。
仕方ないので回復薬でごり押ししました。ああ…回復薬の在庫が心もとない…。
(主な要因はモーサルのソンニールさんのせいです)

skyrim_ss2008.jpg
メルセルの執務机に着席してみました。
こんなところで、1人ぼっちで、グレイフォックスの胸像眺めながら読書でもしてたのでしょうか。

さっきまで家捜ししてたリフトウィールド邸のほうは、たくさんワインとかハチミツ酒とか銀のゴブレットとかあったのに、
この隠し部屋は質素過ぎて…メルセル、何が楽しかったのかしら、と不思議になります。
ガルスの日記で、メルセルが個人的な楽しみのためにギルドの資金を横領した、とありましたが、
その「過度に贅沢な生活」が見えないから、メルセルは何がしたかったのか分かりません。

まぁ取り敢えず、この部屋にあるものも洗い浚いかっさらって行きます。
チルレンドも忘れずにゲット!
この剣、個人的には一番の残念ユニークだと思っています。
だって…クエストライン的に超タイミング被りでナイチン剣が手に入るんだもん。
体力スタミナ吸収のナイチン剣に比べて、冷気スタミナダメージのチルレンドは明らかに劣勢だし、
この直後にナイチン鎧一式手に入ることを鑑みると、デザイン的に碧水晶ベースのチルレンドは合わせにくいし…。

なんかもったいないですよね。

何はともあれギルドに戻り、まずはこのクソ重たいガラクタを二束三文で叩き売ります。

skyrim_ss2014b.jpg
ごめんなさいトニリアさん。ちなみに売値0ゴールドのものもすべて引き取って頂きました。
だってカゴとか20個もあっても困るし。

あ、ちなみにチルレンドの価格は含んでいません。
他にも執務室の宝箱から出てきたスクロールなど、使い道のあるものは残しているので…
実際は3000ゴールドは越えると思います。そう考えるとそこそこの小銭にはなりましたね。

…この使いもしないユニークアイテムを売りたくない症候群はどういう病名なのでしょうか。

そして貯水池へ戻り、ブリニョルフに報告。
ファルメルの目を追っている、とのことで、イルクンサンドへメルセルを追うことに。

skyrim_ss2015.jpg
先代ギルドマスターのガルス殺しと、ギルドの資金を横領していた件は弁護できませんが、
小娘自身は殺されかかったことは…別に…いまさら、ねぇ。
心が広いのではなく、スキーヴァーだのクマだの山賊だのに散々殺されかけすぎて、
メルセル1人を憎む必要すら感じないくらいに感覚が麻痺しています。

でもご主人様が死んでもらうと言うのなら、死んでもらうしかないね!(←ひどい)

その後、カーリアと話すと、メルセルに対抗する力が必要とかで、ナイチンゲールの間で落ち合うことになります。

skyrim_ss2017.jpg


さて。次回はクエスト「三人衆復活」になりますが…もっとも気になることは、
Helmets - Khajiit Ears Hairがナイチンゲール装備に対応しているかどうかです。
以前は駄目だった盗賊ギルドフードが対応したのだから、もしかして…もしかすると…!


  *  *  *

ちなみにラグド・フラゴンでの1コマ。

skyrim_ss1974.jpg
このあと小娘がどうなったのかは知りません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。