プロフィール

Khajiita

Author:Khajiita
盗賊ギルドとブリニョルフ大好きな小娘カジート。
基本的に興味のあるクエストしかやらないので、まだメインも内戦もしたことがない。

盗賊こむすめのまとめ
カジート姐さんのまとめ
(旧)盗賊こむすめのまとめ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
ブックマーク・リンク
検索フォーム

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷子猫オーバーラン!

02 28, 2015 | 盗賊こむすめ

4 Comments
skyrim_ss1926.jpg
ウィンターホールドへ戻り、エンシルに日記を翻訳してもらいます。
ファルメル語で日記を書けるほどに通達していたガルスも大概ですが、
ナイチンゲールだの黄昏の墓所だのの固有名詞をその場でズバズバ訳していくエンシルも
さすがウィンターホールド大学の研究者といったところでしょうか。

ここでの会話はさくっと切り上げ、カーリアからナイチンゲールの剣を貰います。
剣はブリニョルフに渡すつもりなので、No Leveled Item Rewardsを導入し、最高Lvで取得。
最高レベルだと鍛冶強化が出来ないという不具合があるようですが、鍛冶しないので関係ありません。
むしろ付呪の使用回数が多いのでありがたいです。

行きに出会った暗殺者がまだいたらどうしよう…と心配していましたが、いませんでした。良かった。
無事にウィンドヘルムまで戻り、馬車でようやくリフテンに帰還。
さっそくギルドへ戻ることにしますが、墓地の通路は施錠中。

skyrim_ss1931b.jpg
ということは地獄の番犬こと、ヒューノン・ブラック・スキーヴァー氏をすり抜ける作業がまた始まるのか…。
てかコイツも「スキーヴァー」か…。どうしてこう小娘の障害になるのはスキーヴァーばかりなのか。
もうネコの天敵ですね。何なのそのドラ○もん状態。

まあスキーヴァー氏とドラーフ氏の二人くらいなら今では楽勝で抜けられます。通路内は暗いし。
なお、ラグド・フラゴン入り口前の小部屋にいる人は、以前小娘を追いかけてフラゴンまで入ってきてしまい、
ヴェックス姐さんに切り裂かれてお亡くなりになったので問題ありません。

というわけで、ようやく帰って来れました。
まずはヴェケルに帰ってきた旨を伝えておきます。小娘メイドのアルバイト先の店長ですから。
盗賊の仕事も好きだけど、メイドとしてはフラゴンでウェイトレスをするのも好きなのです。

skyrim_ss1955.jpg
ここからのクエスト流れは盗賊ギルドのいい人っぷりが溢れてますよね。

裏切者であるカーリアと帰還したことで、立場が危ういかもしれない小娘に対し、
親身に忠告してくれるヴェケルに、普通に売買してくれるトニリア、仕事しない門番ディルジと、みんな優しいです。
少なくともディルジは仕事してるフリだけでもすればいいんじゃないかと思いますが。

…まぁ、この小娘がギルドを裏切ったとか、マジで信じる人がいたら、その方が問題です。
だって裏切りって頭が良くないとできないんですもの。ムリムリ。

skyrim_ss1939.jpg
貯水池メンバーはもうちょっとピリピリしてるのかと思いきや、ブリニョルフも開口一番、
「その殺人犯といるのに理由はあるのか?」ですから。
覚悟も何も、事情聞く気に満ち満ちているじゃないですか。

ブ…ブリニョルフが優しいから、小娘がこんな自立心のない子に育ってしまうんだ…!

カーリアは「いざとなったらギルドと対決する」と覚悟を決めてるだけに、拍子抜けしたと思います。ドンマイ。
25年前がどんなだったか知らないけど、今のギルドには基本いい人しかいないよ!

で、ここからはクエストの流れに乗って、金庫を開け、メルセルの裏切りが明らかになります。

skyrim_ss1958.jpg
初めて見たときは、これだけの宝箱に入ってたものをどうやって1人で運んだのかと驚きました。
メルセル、積載量どれだけあるんだよ、と。スタミナ100の小娘にはうらやましい限りです。

それにしても、メルセルってどのタイミングでこれ盗んだんですかね?
ブリニョルフ達がこれほど驚くのだから、定期的にメルセル・ブリニョルフ・デルビンのうち2人で確認してたと思われるけど…

「厳しい答え」で石版の写しを取ってウィンターホールドに戻るまでは、ギルドに帰っても、
 ・メルセルはまだ雪帷の聖域から戻っていない
 ・プレイヤーも戻ってきていないのでブリニョルフは探しに出ている
という状況なので、デルビンしか鍵持ちがいないため開けられないはずなのです。
つまり、最後にギルドの幹部連中で宝物庫の中身を確認したのは、最短でも「沈黙の会話」前ということ。
カーリアの存在が明らかになる前にメルセルがギルドを裏切る必要性もないし。

となると、小娘が石版の写しを取ってウィンターホールドに戻った段階で、
メルセルがこっそりギルドに戻って(多分透明化か何か)、ピックの力で扉を開けて、全部盗んで、
その後は多分、ラットウェイ・ウォーレンズを抜けてリフトウィールド邸に戻り、イルクンサンドの手がかりを残して行った…
って感じになるのでしょうか。

あれ、これって…メルセルが雪帷後にギルドに戻らなかったのって…
カーリアが小娘を助けて、小娘がウィンターホールドでエンシルに接触して、マルカルス行って、
ウィンターホールドに戻ってきたら、その後にギルドの宝物庫を荒らしてトンズラって…

…最初に小娘がエンシルを尋ねたの、尾行されてませんかね。
雪帷の後もメルセルがギルドに戻らなかったの、ウィンターホールドで監視してたのでは?多分エンシルを。
ナイチンゲールであるカーリアと、あちこち移動中の小娘よりはエンシルが一番楽でしょうし。
で、小娘が石版の写しを手に入れて戻ってきたことで、ガルスの日記を翻訳されたことに気づき、
ギルドへの裏切り行為がバレるのも時間の問題、と急遽リフテンに戻り宝物庫を荒らす…

と考えると辻褄が合いますよね。


skyrim_ss1953.jpg
ご主人様に頑張ったアピールをする小娘と、それを見て何かを察するカーリア。
我ながら悪ノリが過ぎますが、面白いからもうこれでいいや。

メルセル邸に潜入する前に、ブリニョルフにこれまでの経緯を報告することになります。が。

skyrim_ss1962b.jpg
最近はちょっとマジメに頑張ってましたが、そもそもこの小娘に3行以上の説明は無理です。
まぁガルスの日記を渡してあるし、状況は大体理解してもらってるんじゃないかな。
詳しい話は小娘がリフトウィールド邸に行ってる間にカーリアに聞けばいいと思います。

ああそうだ、その前にメイビンの複製の羽ペン探しか…。
それ自体は構わないけど、なんでクエストラインが盛り上がってるときにこんなミニクエスト挟まってるのかしら。
盗賊ギルド復興は間近だけど、スポンサーのことは忘れちゃ駄目だよ!ってことなのでしょうか。

他にやりようもありますが、せっかくなので探しに行きますけどね。
ゲーム内ではただのクエストアイテムですが、実際にはかなりのチートアイテムですよね、複製の羽ペン。
メイビンが何に使うつもりなのかは…正直、知らない方が幸せなのだと思います。

すぐにリフトウィールド邸に向かってもいいのですが、その前に。

skyrim_ss1945.jpg
小娘充電中につき、今回はここまで。
周りの目?…気にしたら負けです(ブリニョルフが)。


スポンサーサイト

メイド成分枯渇寸前。

02 24, 2015 | 盗賊こむすめ

6 Comments
skyrim_ss1885.jpg
あれからクモに襲われたり、ムアイクさんとすれ違ったり、通りすがりの吸血鬼さんを避けたりしつつ、
何とかソリチュードに到着して、ひとまずウィンキング・スキーヴァーで休憩。
実際のところ、カーリアとコンタクトを取った前科があるガラム・エイ氏はメルセルの殺すリストに入ってる恐れがあります。
そうでなくても、状況に混乱している小娘がすべて話してしまったということがバレたら、相当ヤバいです。

あれ、つまり、小娘のせいか。ごめんね。

ついでにお店めぐりをしたところ、ビッツ・アンド・ビーセズで隠密の指輪(優)を発見。即買いです。
首飾りがまだ(小)なのですが…せめて(大)が欲しいなぁ。

そして念願の馬車に乗って、いざマルカルスへ。
すごいリフテンを選びたい衝動に駆られましたが、何とかぐっと堪えました。
はやくギルドに帰りたい。


で、マルカルスに到着し、さっさとカルセルモさんのところへ。
今回プレイでは初対面です。
愛の書やその他サブクエなどにやたら絡んでくるマルカルスの名物おじいちゃんですね。

skyrim_ss1891.jpg
そろそろ「モラグ・バル」って叫びたくなってきました。
ちなみに説得も賄賂もまったく効果がありません。

まあ、こんなネコが威圧してきても実際怖くもないのですが…

skyrim_ss1894.jpg
残念、見た目はアホな小娘ですが、盗賊としてはプロなのです。
あ、いや、盗賊はあくまでついでであって、本職はメイドのつもりなんですが。

…もうここまで来たら、メイドと頑張って言い張ってるだけですね。
全部終わったら、そのときはただのメイドに…なれるといいなぁ。

ただのメイドになるためにも、まずはギルドに帰らねばなりません。
ていうか、そろそろブリニョルフに会えなくて禁断症状が出そうです。
というわけでささっとドゥーマー博物館に潜入。

skyrim_ss1896.jpg
今回のフォロワー枠…ではないのですが、ドワーフ・スパイダー君。
私はこの制御棒を上手く使えた試しがない(逆に発覚して面倒なことになる)ので、
隠密の囮としてではなく、警備員にぶつけて時間稼ぎに使おうかなと。

skyrim_ss1897.jpg
おお、勝った。
時間稼ぎどころかなかなかの武勲です。
このまま先に…と思ったものの、このスパイダー君、体力は回復しない模様。
スリも出来ないので回復薬を渡すことも出来ません。
他者治癒の魔法とか持っていれば、スパイダー君も回復できたのでしょうか。

仕方ないので最初の部屋に残しておいて、小娘1人で先に進みます。
どうせ隠密的にはスパイダー君邪魔になるだけですし。

と言うわけで、カルセルモの研究所をすすむわけですが、人間相手は楽ですね。本当に。
勝手に発覚して勝手に戦い始める人がいないのも快適です。
無論、万が一にも発覚したら死亡確定なので、薄氷の上にいるようなものですが。
宝箱とかも気になるけど、さすがに無理はできません。

skyrim_ss1902.jpg
そしてドゥーマーの遺跡と言えば山のような罠。
特にここはバルブ系の罠が複数個所にあって、もの凄く回したい衝動に駆られるのですが、今回はパス。
見た感じ、アイカンターと衛兵しかいないようなので、無駄に死者を出す必要もないでしょう。
…今回の不殺計画はすでにスパイダー君によって崩れてしまいましたが、一応は。

skyrim_ss1904.jpg
余裕で潜入。いやぁ、本当に人間は楽に潜り抜けられます。
カルセルモ氏は研究成果を守りたいのなら、今すぐホニングブリューの地下からアムレン氏をスカウトするべきです。
彼ならスキーヴァーの軍隊を使って、鉄壁の警備を…あ、本が齧られるから駄目か。

などと余計なことを考える程度には余裕があります。
デルビンのお土産であるドゥーマーのパズルキューブも確保して、カルセルモの塔へ潜入。

skyrim_ss1906.jpg
ここで拓本を取って、クエスト完了…なわけですが。

この小娘に『拓本』という知識があるわけがありません。
いくら後ろの部屋に散々拓本を取った紙が残っているからといって、小娘が気づけるかというと、気づけないでしょう。

しかし、アイカンター氏に聞いても教えてくれるわけはないし。
こういうロールプレイ上のひっかかりは困りますね。

skyrim_ss1905.jpg
ドゥーマーなら無線連絡くらい出来たんじゃないかと思います。
何でも「ドゥーマーなら」って付ければ済むと思ってるのか!?と言われたら返す言葉がありませんが。
いや、ほら、古代技術って素晴らしいよね!

…とにもかくにも、スパイダー君のナイスアシストで拓本を取って、いざ脱出。
クエストが進行すると同時に、カルセルモの塔にアイカンターと警備員4人が入ってきますが、

skyrim_ss1910.jpg
「マスター・カルセルモに話をつけた方がいいのではないか?」とか話している暇があるのなら、
まず先に上から下まで探すべきでしたね。
実際問題として、5人に探し回られたら結構抜けるのキツいですし。


…というわけで、今回はほぼ完璧に隠密でクリア可能でした。
東帝都社のときのようにうっすらと気づかれることすらなかったので、過去最高の出来ではないかと思います。
隠密の指輪(優)もきっと良い仕事をしてくれていたに違いありません。

さて、それではウィンターホールドに戻ります。
ようやくフラゴンに帰れる…!

一般市民の限界

02 20, 2015 | 盗賊こむすめ

10 Comments
※今回はクエスト失敗です。


通りすがりのモーサルで、可愛い女の子と遊びました。

skyrim_ss1811.jpg
モーサルは通りすがりじゃない?そうですね。
ホワイトランに行こうと思ってたのですが、明らかに待ち伏せ中の暗殺者さんがいらっしゃったので、
急遽モーサルからソリチュードに向かい、ソリチュードから馬車でマルカルスへ向かうことにしたのです。

で、ふと気づいたのです。
モーサルの「埋葬」クエストって、モヴァルスを倒さなくてはならないのですが、
それには一応ソンニールを連れて行けるよなぁ…あの人、一応不死だよなぁ…と。

メルセルが特A級に強いNPCなのは勿論なのですが、以前「潜入」に挑戦したとき(盗賊こむすめの本気)も、
時間はかかったものの、ストーリオ氏は1人で何とかできたわけです。

ソンニールさんでも出来るかな?と思ってしまったわけです。

skyrim_ss1817.jpg
と言うわけで、クエストを進めてみたわけですが…そうか、ラレッテも戦闘あるんだった…。
その赤いビームはやめてください。小娘が吸血鬼になってしまいます。
あれ、ラレッテって村人判定?これって孤立無援?と焦りつつ、衛兵さーん!と駆け寄ってみると

skyrim_ss1818.jpg
まさかの夫ソンニール登場。
割とあっさりラレッテを倒してくれました。そして間髪いれず「ラレッテは死んだ…!」とか言い出しました。
なんか、辛い思いさせちゃってごめんね…orz

でも、これって結構ソンニールさん強いのでは?

というわけでクエスト続行。
アルバの家に日記を取りに行ってきます。精鋭鍵なんてないのも同然です。

skyrim_ss1831.jpg
フロガー氏を交わして日記をゲット。
ちなみに夜なのでアルバさんは酒場で飲んでました。安全ってすばらしいですね。

というわけで、さっそくイドグロッドばあちゃんに報告し。精鋭たちという名の村人たちが集合。頼りない。

skyrim_ss1841.jpg
みんなと並んで走っていたら、小娘までモブのようですね。
いや実際、戦闘力で言えば小娘もモブ同然なので、大して変わりはしないのですが。
そしてたくさん来るわりに、最後まで付き合ってくれるのはソンニールさんだけ…。
せめて、べノアさんくらいは一緒に来てよ!衛兵になりたいとか言ってたじゃないよ!

…で。

ソンニールを連れ込む前に、あらかじめ小娘1人で潜入し、片っ端から武器防具をスリ取りまくりました。
だって、相手は吸血鬼ですよ。普通に戦って村人Aが勝てるレベルなわけがない。

モヴァルスも含めて総勢8人をすっぽんぽんにし、隠れ家外で待っているソンニールさんのところへ戻ります。

その上で、満を持してソンニールさんと特攻したわけなのですが。

skyrim_ss1847.jpg
最初のクモでダウン。あ、ダメだこの人。

さらに、ソンニールさんの回復待ちの間に小娘が先を伺ってみたところ、
全員の装備が復活していることを発見。あ、ダメだ今回の企画。

それでも頑張って、再び全員の装備をスリ取りまくりました。
重量オーバーになったので、いらないものはそのへんの樽に全部しまっておきました。

そしてさらにソンニールさんには、小娘の手持ちの武器・防具類(今まで山賊とかからスリ取ったもの)を仕込んでみるものの、
この男、なぜか武器はともかく防具は装備してくれない模様。服で戦うとかドMかお前。
仕方ないので代わりに回復の薬を数本スリ込んでおきます。焼け石に水だと思いますが。

武器が変わったこともあり、何とかクモを撃破し、さらに奥へ進みます。

skyrim_ss1871.jpg
どの山賊が持っていたのか忘れましたが、炎の付呪付きオークの両手斧が良い仕事をしてくれています。
吸血鬼は炎属性に弱いし、全員すっ裸だし、これは行けるかも知れません。

…と、このときまでは思ってました。

skyrim_ss1874.jpg
モヴァルスさすがに強い…!
ソンニールが回復して立ち上がるやいなや飛んでくるアイススパイク。近づくことすら出来ません。
やっぱりボス格は伊達じゃないと言うことでしょうか。
というか、魔法使い相手に武器防具スリ取っても大して影響がないという…。
お付きの吸血鬼も赤いビームでナイスアシストです。良いコンビですね全くもう!

ソンニールの回復待ちが尋常じゃなく時間かかる(回復魔法持ちのストーリオは偉かった)ので、
その間に援軍を呼んできます。
いや、援軍は来てくれないので、ちょっと小娘が囮になって援軍のところまで誘導します。

援軍とは…

skyrim_ss1855.jpg
なぜか吸血鬼と戦ってくれるアルバさん。
ちょっと確認したところ、アルバさんは普通にモーサルの市民ファクションなので、
モヴァルスの隠れ家にいる吸血鬼たちとは敵対してしまうようです。

お付きの吸血鬼1人を倒し、そのままモヴァルスと戦闘開始。
ソンニールは見当たりませんが、きっとどこかの物陰でへたり込んでいるのではないでしょうか。
(↑もはや何も期待してない)

skyrim_ss1875.jpg
この人、防具どころか武器すら装備してくれないのですが、吸血鬼ではあるしそれなりに頑張ってはくれます。
元々の装備をスリ取っても鎧は装備してくれないのが残念。
おかげでアルバさんまで裸にしてしまいましたが、元々酒場の服は防御力0なので別にかまわないでしょう。

それにしても、これって、善の心に目覚めた敵役…ってことなのでしょうか。何その死亡フラグ。
…まぁ実際、不死ではないのであっさり死んでしまうのですが。
最後の最後にはモーサルのために戦った…と書くと、本当は優しい人だったのね…なんて雰囲気になりそうです。

まぁ、それはモヴァルスを倒してハッピーエンドになってからのことですが。



…で。

今回の記事はここで終わりです。
いやもう、全然勝てない。ていうか氷魔法強くて近づくことすらほとんどできない。

私、リアルタイムで5時間ずっとソンニールを応援していたのです。
さすがにモヴァルスが死ぬより先に私の心が折れました。
ソンニールが頑張って一撃当てても、吸血鬼の体力吸収ビームで全くのプラスマイナスゼロどころかマイナスですもの。


というわけで。

skyrim_ss1883.jpg
ごめんねヘルギちゃん。
あ、でも、アルバは死んだし、根本的な原因はともかく、今ココにある危機は去ったと思う!


…盗賊ギルドの内紛が片付いたあかつきには、ブリニョルフに一緒に来てもらおうと心に誓いました。

不発バレンタイン

02 15, 2015 | 盗賊こむすめ

8 Comments
せっかくのバレンタインなのに。
DRAGONPORN様でステキなチョコModが紹介されたのに。

skyrim_ss1823.jpg
ギルドに帰れないなんて。
小娘頑張って作ったのに…。

ちなみにチョコ全体図。

skyrim_ss1821.jpg
そしてクリームを立体的に見えるよう頑張ったのが私の全力。
でもこうやってテクスチャ自分で変えられるのはいいですね。楽しい。

あ、ちなみに撮影は宿屋「ナイトゲート」です。
ここまでは特にトラブルもなく移動できました。

宿の台所でばたばたチョコ作る小娘と、何だかんだとアドバイスをくれる長期滞在のオーク…
なんて光景が繰り広げられていたと妄想。

skyrim_ss1802.jpg
まぁ、ナイトゲートには調理鍋ないんですけどね。
オークさんの部屋に携帯調理器くらいはあったんじゃないかということで。

なんてことをしていたら、また日も暮れてしまったので、

skyrim_ss1796b.jpg
早くマルカルスに行きたいけど、夜間の移動は危険です。
2回ほど、茂みから毒液→クモアタックで即死しました。もうクモ嫌い。

オオカミとかクマとかは比較的遠くからでも見つけられるんだけどなぁ…。

縛りは美学

02 11, 2015 | 盗賊こむすめ

6 Comments
skyrim_ss1774.jpg
向こうに雪帷の聖域が見えることから分かるように、カーリアと別れて3分くらいです。
カーリアのところに戻って何とかしてもらおうかとも思いましたが…隠密ですり抜けられると思ったんだよなぁorz

いままさに接近してきている方は、この後すぐ地形に引っかかったか何かで置いてきぼりに出来たのですが、
そんなことしてる間に奥の方にいる山賊長が接近してきました。
山賊はなかなか諦めてくれないので、ダンジョンなどの物陰多いところならまだしも、
このようなフィールドで出会うと面倒くさいです。
笛鳴き坑道の近くに衛兵さんがいた気がするのですが…夜はいないのかしら。

skyrim_ss1776.jpg
と思いつつ走ってたら、なぜか農民が特攻。
ちょっとあなた、ウィンドヘルムに向かう前に死ぬよそれ…と思っていたら、

skyrim_ss1778.jpg
なん…だと…!?
農民って勝つことあるんだ。今までプレイしてきて、農民なんてオオカミには時々勝てるものの、
アイスウルフだと確実に負ける…そんな程度の人たちだと思ってました。
まさか、山賊長に勝てるほどのポテンシャルを持っていたとは。

skyrim_ss1780b.jpg
と思ったらごらんの有様だよ!

やっぱりさっきのはマグレかシェオゴラスのいたずらだったのでしょう。合掌…なんてしてる場合じゃありません。
次に追われるのはこちらに決まってます。フロストトロール怖い。

skyrim_ss1782.jpg
逃げる途中で向こうからユキグマさんが来て、挟み撃ちだと!?と焦ったものの、
なぜかユキグマさんは小娘に目もくれずフロストトロールに吶喊。

思わず「パワー」の欄を確認してしまいましたが、勿論、空の声なんてとっくに時間切れです。
…なんででしょう。ユキグマさん、ネコが好きなの?紳士なの?
一部のドラウグルさんとネコ好き紳士同盟でも組んでたの?

あ、ちなみにフロストトロールの方が勝ちました。

ユキグマ     Lv20 HP550 STR45
フロストトロール Lv15 HP450 STR65

なので、なかなか良い勝負になるかと思ったんだけどなぁ。
やっぱり野生生物の中ではフロストトロールが頭1つ抜けてる印象です。

skyrim_ss1784.jpg
結局、フロストトロールを撒ききれずにウィンターホールドまで来てしまいました。
撒くどころかスタミナ切れでダッシュできなくなり、もう少しでソブンガルデです。一撃喰らっただけなのに…。
ダメージエフェクトで画像が非常に見にくいですね。すみません。

さすがに服装備の上、体力・スタミナ初期値100縛りはこういう不測の事態に弱いですね。
これからメルセル戦も控えているというのに。

どうも私は縛りプレイが好きなので、完全にプレイが詰まらない限りはどんどん縛り条件を厳しくしていく癖があります。
どんどん自縄自縛してもクリアできる抜け道があるゲームは良いゲームだと思ってます。

skyrim_ss1786.jpg
えいへいさんはつよくてかっこいいとおもいます。(こなみかん)

…夜中だからと油断してたら、普通にランミルやビルナが出歩いてて焦った…。
できるだけ一般人の犠牲は避けたいものですが、小娘にはどうしようもないので、家の中にいてほしい…。

さて、フローズン・ハースに到着。

skyrim_ss1795.jpg
エンシル氏はウィンターホールド大学の守銭奴としてその名を知られておりますが、
私はそこまで大学に深く関わったことがないので、よく分かりません。
盗賊ギルドクエストでしか会わないと、この人、とてもいい人に見えます。
ガルスのことを大切な友人と言ってるだけでなく、ファルメルを嫌ってるのも友人が犠牲になったから…
すごく、友達思いな人なんだなぁ…と。

それにしても前回のカーリアに引き続き、今回もガルス押しがひどいわけですが。
まぁクエスト会話を延々と貼っても面白くないので割愛。
多分、小娘も3割くらいしか覚えてないと思います。

skyrim_ss1793.jpg
FT縛りプレイをしていて( ゚д゚) という表情になるのは自業自得なのですが…遠いよ…。

うーん、ウィンドヘルム方面には暗殺者とウッドエルフがまだいたら嫌だし。
ホワイトランに向かってそこから馬車を使う辺りが確実でしょうか。

あまり落ち込んでてもキリがないし、ここはさっさと片付けてギルドに戻りましょう。そうしましょう。

skyrim_ss1798.jpg
あ、ちなみにImmersive Believable Snowという雪のリテクスチャを入れてます。
結晶がキレイですね。寒いけど。

実はほとんどリフテン近辺にいるので、雪帷に来るまでリテクスチャ入れてたの忘れてました。

今回はここまでですが、ちょっとオマケで縛り条件を開示しておきます。
戦闘縛りとかメイド縛りとは今までも書いてきましたが、
ハッキリさせておいた方が読んで下さってる方も分かりやすいかな…と。
まぁ結構適当なんですがね!


続きを読む »

Point of No Return ?

02 07, 2015 | 盗賊こむすめ

6 Comments

skyrim_ss1719.jpg

skyrim_ss1723.jpg






skyrim_ss1758.jpg





skyrim_ss1733.jpg





skyrim_ss1736b.jpg



  *  *  *




skyrim_ss1752.jpg
こむすめ起床。

skyrim_ss1757.jpg
そして逃亡。シリアス終了のお知らせです。
マジメなシーンなんて延々続いたって、作る側も読む側もしんどいだけです。
小娘のシリアスなんてSS10枚も続けられやしません。

というわけで、カーリアには残念ですが…小娘が、意識朦朧の状態でちゃんと話を聞いてるとでも?
そんな世のドヴァキンさんみたいなハイスペックではないのです。

この二人の会話を聞いていなかった場合、どう考えてもカーリアとメルセルがグルで小娘殺しにかかったとしか思えません。
なので逃げるのは当然の行動です。

…と。まぁふざけるのはこれくらいにして(小娘は本気)、とりあえずカーリアから詳しい話を聞きます。

先代ギルドマスターであるガルス殺害の真相、そしてメルセルを生かしたままギルドに連行しようという計画、
ガルスとカーリア、メルセルの3人がナイチンゲールだったという衝撃?の事実。
そして、ガルスがいかに凄い盗賊で超かっこよくて素敵な人だったかというノロケ

この人「時間がないのよ」とか言うわりにガルスとの仲睦まじいエピソードは外さない辺り、さすがですね。
死後25年でこれなんだから、全盛期はどれほどの見せつけっぷりだったのでしょう。

まぁ、好きな人のこと語ってると熱くなるよね。小娘も、そこには親近感を覚えなくもありません。
女子2人集まれば、とりあえず恋バナだよね!(←色々間違ってる)

skyrim_ss1760.jpg
そして事情を聞いて、あっさり同情する小娘。相変わらず説得値が低いです。

しかし、カーリアの言うことに正当性がありそうな気がしつつも、
ついさっきまでメルセルと楽しく(?)一緒にダンジョン探索してた身としては不安になります。
カーリアを信じていいのか?ということではなく、自分の判断を信じていいのか?という意味で。

だって、メルセルに裏切られたんだから、カーリアだって裏切るかもしれないじゃない…。

ということで、いつもの如く判断はブリニョルフに任せたいところです。が。

skyrim_ss1751.jpg
まぁ実際のところ却下はされないのですが。
ただ、普通に考えて、戻ったらメルセルに殺されるだろうなぁ…ということくらいは確実です。

帰ったところでブリニョルフもメルセルもいないけど、まぁストーリー的には証拠をそろえてから
カーリアと帰還するのが正道ってものでしょう。

と言うわけで、しばしギルドとはお別れ。

skyrim_ss1762.jpg
昔の仲間がカジートでメイドな小娘に「ご主人様」とか呼ばれてる衝撃。
あれ、今まで何も考えずに来たけど…あれ?
端から見て社会的にアウトなのって、小娘じゃなくてブリニョルフの方…?


  *  *  *

おまけの私信。

コメント欄でSS撮影についてお答えいただいたフロッグさん、アドバイスいただいたyousukeさん、ありがとうございました。
全然役に立てられなくてすみません…OTL

もうちょっと色々修行してみます!主にCK的な意味で!

物欲とドラウグルと信頼と

02 03, 2015 | 盗賊こむすめ

8 Comments

さて、ここで先に進んでも良いのですが、ちょっと寄り道です。
盗賊ギルドクエストラインで決して取り逃してはいけないもの。それは勿論…

skyrim_ss1637.jpg
デルビンへのお土産は、カーリアが仕掛けたと思しき、罠付きの模型船です。

そういえば、スカイリムの考察サイト(どこだったか忘れた)で読んだのですが、
カーリアが、こんな古代ノルド遺跡には似つかわしくもない船のオブジェに罠を仕掛けたのは、
お前の乗っている船は危険だ(メルセルに騙されているぞ)」というメッセージではないか、と言うのがありまして。
それはすごく有り得そうな説だな、と非常に納得したものです。

なんか、イルクンサンドにおけるメルセルのやり方とよく似てますよね。
罠だのメッセージだのと胡乱なやり方を好むメルセルにカーリア、そしてファルメル語で日記を残すガルス…。
25年前の盗賊ギルドって、どれだけ権謀術数が蠢いていたのでしょうか。
小娘、その頃のギルドにいても生き延びられる気がしません。

爆発に巻き込まれないように注意しつつ、模型船を入手。
さらに先へ進みます。…久しぶりで忘れてたけど、このダンジョン長いわー…。

skyrim_ss1631.jpg
スキーヴァーの通路をすり抜け…ネズミを恐れるのはもはや条件反射です。
クエストラインここまで進めても、やっぱりホニングブリューが一番隠密難易度高かったです。


それから扉を抜けて地下墓地も終わり。後半戦・雪帷の聖域へ。
通路を抜けると、さっそくハルキングさんがお目見え…なのですが…。

skyrim_ss1680.jpg
宝箱が2個(映ってないけど手前にもあります)。
鳴子型のトラップがついてますね。でも、古代ノルド遺跡の宝箱って、いいもの入ってそう…。
いやでもハルキング強いし、他にも起き上がりそうな人がいっぱいいるし、ここは安全策を取るべき…
うーん、まぁジャンプすれば飛び越えられるかな…

skyrim_ss1704.jpg
小娘は自制が出来ない子です。

おっかしいなぁ、今までのダンジョンはちゃんと危険を踏まえて行動できてたんですが。
何かこう、取らなきゃもったいない!みたいな衝動に駆られてしまうのです。
パインウォッチでも、ブラインウォーター洞窟でも出来ていたことが何故出来ないのか…。

これが、仲間がいることの安心感なのですね。(←違う)

skyrim_ss1707.jpg
ドラウグルさんが2人ほど、こっちをターゲッティングしてますが…
雪帷の聖域、あちこちにドラウグル侵入防止の鉄柵があって、大好きです。
確認した限りではハルキングにスカージ、ワイトとまたわらわら出てきているようです。
フスロダで体制崩される→フルボッコ、という非道なコンボですごく時間かかりました(メルセルが)。

なんとかドラウグルを切り抜け、さらに先へ進みます。

あとは隠密で何とかしたい…と思っていたら、またハルキング登場。
見つかってない気がするのですが、なぜかメルセルがいきり立って戦闘開始。
こ、今回は小娘悪くないよ!?

なお、前回記事でも出てきましたが、このドラウグル・ハルキング。
DLC「Dragonborn」を導入してるとLv26から登場してくる、片手武器使用のドラウグルです。
鎧のせいもあるのか、他のドラウグルより一回り大きく見えて、なかなか威圧感があります。
小娘は元より、ブレトンであるメルセルの背が低いせいではありません。多分。

skyrim_ss1671.jpg
メルセルがダウンしたので、ほうきに麻痺毒仕込んでガンガン叩いてるのですが…全然効果がありません。あれ?
ドラウグルって毒無効なのは知ってたけど、麻痺も効かないんだっけ?そんなわけないよね?
そしてこのハルキング氏、盾で防御はするものの、まったく小娘に攻撃してきません。
…弱すぎて、小娘が攻撃していると認識してもらえていないのでしょうか。

skyrim_ss1670.jpg
とうとう盾も下ろして、こちらに歩み寄ってきました。
ほうき(攻撃力4)でばんばん叩いてるのに、躊躇する気配が微塵も感じられません。普通にホラーです。
なになになんなの。ネコが好きなの?

skyrim_ss1669b.jpg
その後メルセルが片付けてくれましたが、ゆっくりとこちらを覗きこんでくるドラウグルは、
ちょっと小娘が悪夢に魘されそうなインパクトでした。なにこのヴァーミルナの呪い。



さてそして。
とうとう雪帷の聖域最奥に到達。

盗賊ギルドクエストの1つのターニング・ポイント。解説するのも野暮なので、SSでお楽しみください。


skyrim_ss1714.jpg




skyrim_ss1716.jpg









skyrim_ss1717.jpg



Re:Re:50の質問

02 02, 2015 | 盗賊こむすめ

4 Comments
今回の記事はほぼ私信です。
時間軸的にはホニングブリュー以降から雪帷に行く前のどこかあたりの話だと思います。


続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。