プロフィール

Khajiita

Author:Khajiita
盗賊ギルドとブリニョルフ大好きな小娘カジート。
基本的に興味のあるクエストしかやらないので、まだメインも内戦もしたことがない。

盗賊こむすめのまとめ
カジート姐さんのまとめ
(旧)盗賊こむすめのまとめ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
ブックマーク・リンク
検索フォーム

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しきかな仲間愛

08 31, 2014 | 盗賊こむすめ

2 Comments
skyrim_ss1231.jpg
空の声がホニングブリューのスキーヴァーさんには効かないようです。

今まで散々あちこちでお世話になってきた「空の声」ですが、動物なのに効かないとは一体どういうこと?
デスハウンドも、シャウラスも、ニムヒでさえも非敵対だったのに!
もしかして、あいつら動物じゃないの?地下に住んでるあの人が作った新生命体だったりするの?

…で。
一体何が起こっているのか分からずに、一先ず逃げ帰りました。

近くのホワイト川あたりにいつもいらっしゃるサーベルキャットのところまで行ってみると、やっぱり非敵対。

skyrim_ss1224.jpg
空の声が機能していないわけでは…ないのよね。何が悪いのか。
とりあえずもう一度戻ってみるか…と少し歩くとランダムポイントで山賊が襲撃してきました。
ノクターナル様、マジでもう勘弁してください、とここ3回くらい毎回言ってる気がします。
何とかホニングブリュー前をうろうろしてる衛兵のところまで逃げよう、と走り出すと、

skyrim_ss1226.jpg
さすがネコ科。カジートを仲間だとちゃんと認識してくれているようです。麗しき同族愛ですね。
残念ながら相手は山賊の追い剥ぎレベルだったため、格好いいサーベルキャットさんはお亡くなりになってしまいました。
敵を討つため、全員ちゃんとホワイトラン衛兵のところまで誘導しました。

で、その後も何度か醸造所に入ってみたものの、やっぱり駄目。
入り口付近のスキーヴァーだけでなく、奥にいるクモも、毒牙を持ったスキーヴァーもみんな駄目。

何かがおかしいなぁ…と、CKを覗いてみることに。

相変わらずスクリプトとかよく分からないんですが、分からないなりに分かったことは、
ホニングブリューのスキーヴァーは、普通のスキーヴァーとは別種だということ。

「空の声(voice of the sky)」の効果はシャウト「カイネの安らぎ」と同じEffectを使っているのですが、
これは動物のファクションに所属している生き物を非敵対にするという仕組みです。

で、ホニングブリューのスキーヴァーを見てみると、もちろん動物ではあるのですが…このとおり。

ss01.jpg
一般のスキーヴァーと違って「dunHonningbrewMeaderyCreatureFaction」というファクションに加入しています。

右側のmenbersを確認すると、ホニングブリューの地下メンバーはみんな加入してますね。
なので、これは多分、地下にいるアムリン氏と敵対しないためなんだと思います。
あの人は人間なので、こうでもしないと当然敵対してしまいますから。
魔術師VS毒牙を持ったスキーヴァー大戦inホニングブリュー(地下)が始まってしまうのを防ぐためかと。

で、当然の如く、このファクションは闖入者であるプレイヤーをエネミーと認識しているのです。
プレイヤーに非敵対のkyne's peace factionが上書きされてしまっている状態というわけで…

分かりやすい例で言うと、闇の一党に入るとリスが非敵対になるのと逆の状況ってことですね。
あれはプレイヤーが闇の一党ファクションに入ることで「お仲間」と認識されて非敵対になるので。

というわけで、本来ならばカイネの力でお友達なはずのスキーヴァーさんたちは、カイネの安らぎなんて関係ない!
ホニングブリュー醸造所の地下にいる仲間たちさえいればそれでOK!プレイヤーなんてどうでもいい!
…みたいなことになってしまっているようです(´;ω;`)

アムレン氏は日記の中で「スキーヴァーで強力な軍隊を作ってやるぜ!」みたいなことを言っていますが、
まさかここまでネズミ(だけでなくクモまで)と心を通わせられるとは…
今すぐドーンガードのガンマーさんとお友達になればいいんじゃないかと思います。

しっかし、どうしてくれようかこのネズミ共。
こんな地下にこもって仲間たちとぬくぬく楽しく暮らしてもらうわけにも行きません。いっそのこと一思いに…と思ったものの。
よく考えると、これって以前にギルドの仲間が雇いの悪漢を倒してくれたのと同じ状況ですよね。
確かに、小娘もリフテンの地下にいる仲間たちさえいれば、他の人なんてどうでもいいですし。

なるほど、ネズミさんたちはご主人様のアムレン氏を守りたかったのかもしれません。カイネの声に耳をそむけるほど。
そう考えると、急にホニングブリューの地下メンバーに親近感が湧いてきました。
別に小娘、アムレン氏に危害を加えるつもりなんてないんですけど…。


でも、だからってクエストを進めないわけにも行きません。敗北感がひどい。

skyrim_ss1233.jpg
スポンサーサイト

ネズミ捕りが袋のネズミ。

08 26, 2014 | 盗賊こむすめ

2 Comments
メイビンに話を聞き、ホワイトランに向かう前にブリニョルフに報告しておきます。
このクエストはあまり構ってくれないから、寂しいですね。さっさと済ませてしまいたいところです。

skyrim_ss1182.jpg

skyrim_ss1185.jpg

…と言うわけで、ホワイトランのホニングブリューハチミツ酒醸造所へやってきました。

skyrim_ss1193.jpg
サビョルンからスキーヴァー用の毒を受け取り、いざ、ハチミツ酒醸造所内部へ潜入。
サマーセット・シャドウズも、傭兵も、山賊も隠密で潜り抜けた小娘にとってこんな任務…どうって…こと……

skyrim_ss1204.jpg
リアルで思わず「うわぁ…」と声が漏れました。
そういえば、ゴールデングロウでもスキーヴァーの道は無理だったじゃないか、と思い出しても後の祭りです。
何これどうすればいいの?

一先ず、こそこそと先に進んでみますが、これが抜けられない。
現状で隠密は90近くまで伸びているのですが、それでも抜けられる気がしない。

skyrim_ss1196.jpg
と…盗賊ギルドの掟は「人間を」殺しちゃ駄目ってだけで、ネズミは対象外だよね!とホウキ(攻撃力4)を振るってみますが、
スキーヴァーに負けるというあってはならないことが続発しました。

そりゃ、装備は服だし、ホウキは鉄のダガー以下の攻撃力だし、勝てるとは思ってないけど…。
ここまでどうにもできないと、己の非力さに泣けてきます。

こうなったらヤケだ…とダッシュしてスキーヴァーを振り切ることは出来ましたが、

skyrim_ss1205.jpg
今度はクモです。

クモの何が怖いって、隠密ですり抜けようにもどっち向いてるのかよく分からないところです。
正面向いてるのか後ろ向いてるのか、遠目じゃよく分からない…。
しかも、毒吐いて来るし、飛び掛ってくるし。
なんでハチミツ酒醸造所の地下にこんなダンジョンが繰り広げられてるのよ。衛生状態最悪すぎるでしょう。

このダンジョンの最後にボス的な人がいらっしゃるのは知ってますが、そこまで辿り着けませんでした。
何度ソブンガルデが見えたことか…。

クモはともかく、ネズミに負けるのはネコとして甚だ遺憾ではありますが、何かもう無理です。


 * * *

skyrim_ss1209.jpg
というわけで、はるばるイヴァルステッドまでやってきました。
色々手段は考えましたが、今回の縛り内容を踏まえ、可能な手段で有用なのはやっぱりここかなぁ…と。
今回プレイでは「愛の書」すらクリアしていないため、初のイヴァルステッドです。
報酬がおいしいので、いつも「愛の書」は序盤にクリアしてしまうため、
バシアヌスとクリメクがそろってるイヴァルステッドはちょっと新鮮ですね。

せっかくだから小遣い稼ぎに、クリメク氏から荷物を預かって、いざ登山開始です。

skyrim_ss1213.jpg
ハイ・フロスガーにLv26で突入すると、かなりバラエティが凶悪になりますね。
いつもだったらアイスウルフとかそのへんだった気がするのになぁ…。

左上から無印トロール・シロクマ・氷の生霊、そして最後に毎度おなじみフロストトロール。
天候が悪いせいもあって、見にくいですね。すみません。ていうか全員、擬態かってくらい背景の色に溶け込んでて…orz
なお、全員隠密ですり抜けました。屋外ってすばらしい(切実)。

他には特にトラブルもなく、無事にハイ・フロスガーまで辿り着けました。

skyrim_ss1219.jpg
「空の声」はプレイ時間で24時間、野生動物が非敵対になるステキなパワー。
これさえあれば、スキーヴァーもクモもみんなお友達です。

ちょっとこれはズルいかもしれないけど、さすがに神様(主にノクターナル様)も許してくれるに違いありません。
もう十分に不幸は味わったと思います。ネズミに噛まれて病気になるのも、もう嫌なんです。
ていうか、このクエストでこんなに苦戦すると思ってなかったから、大した準備もしてないんです。

今まで隠密がうまく行ってたから、90あれば余裕よね、とか思ってたのよね…。

反省と後悔はここまでにして、さぁ、24時間以内にホワイトランに戻ってリトライしましょう。
ここから先は小娘のターン!と行くといいですね。

 * * *

skyrim_ss1208.jpg
野良ウィスプなんて有り得るのか…幸運の女神様、ほんと自重してください…。

家に着くまでが遠足です。

08 22, 2014 | 盗賊こむすめ

2 Comments
特殊任務「希望の兆し」です。
ホニングブリューに行く前に、ホワイトランの仕事もらおうかなーと思ってたら発生しちゃいました。
特殊任務3つこなすと、トニリアの所持金もかなり増えるし、カジートキャラバンとの取引も可能になるため、
良いことなんですが…。
今回のプレイだと、そもそも現状ですらトニリアの財布を空っぽにできないのですがね。

さっそくマルカルスのエンドンから話を聞いて…って、凄い勢いでヴォルスタグさんが割り込んできます。
なにこれナンパのつもり?小娘には愛しのブリニョルフがいるからお断りです。

skyrim_ss1035.jpg
ちなみにヴォルスタグさんはCSのころに雇ったことがあります。ヌチュアンドゼルのドワーフ金属持ちとして。
鍛冶上げの基本ですよね、ドワーフの金属の塊(重い)。

今回は勿論スルーして、馬車でファルクリースまで移動。そこから徒歩でパインウォッチへ。

地下室のボタンを押して隠し通路へ。

skyrim_ss1045.jpg
初っ端から正面に1人、奥に1人。下を歩いてもいいのですが、今回は弓矢で注意を逸らして上を選択。
ちなみに画像の赤線は進行ルートです。

盗賊ギルドの特殊任務は、ここが一番難易度高めでしょうか。
隠密にこだわってる今回もそうですが、普通に戦って切り抜ける場合でも1フロアに複数の敵がまとまってるため、
それなりに面倒なことになりそうです。

一番簡単なのがホワイトランなのは間違いないと思いますが…。

skyrim_ss1048.jpg
中央のテーブルで談笑する3人。注意力が足りてませんね。
ここは普通に外側を回って抜けられました。

skyrim_ss1055.jpg
途中で宝箱もゲット。罠にかかりましたけど。
画像編集でかなり明るく補正を入れてますが、実際のところかなり暗いんです(言い訳)。

ここに限らず、パインウォッチは通路に転々とコインが落ちていたり、棚の裏に小銭袋が隠してあったり、
なんともコソ泥心をくすぐる仕組みが多くてテンション上がりますね。
その分、相応に罠も仕掛けられているわけですが。

なお、ここにはバレンジアの石もありますが、今回は集めてません。
不殺縛りの今回プレイ、全ての街において従士になれないことがすでに判明しております。
今まで意識してなかったけど、従士クエストって全部何かしら討伐しなきゃならないんですね。
なので、ソリチュードのプラウドスパイヤー邸にある石が回収不能です。
もちろん、闇の一党聖域にある石も。

いっそ、ダンジョン内にあるものなら隠密で取りにいけなくもないのですがね。…中途半端に集めても邪魔だしなぁ。

skyrim_ss1057.jpg
この4人は基本的に動きませんが、全員が違うほうを向いているため、なかなか悩ましいところです。

skyrim_ss1059.jpg
隠密頼みな今回のプレイスタイルですが、完成してくると楽しいですね。
レベル的に、もし見つかったら絶対死ぬあたり、緊迫感がものすごいです。

宝物庫の手前に、山賊長であるリゲルさんの部屋があります。
幸運なことに就寝中だったため、宝物は一切合財頂いていきましょう。
と言っても、宝物庫にほとんどが収められているのか、この人の部屋自体は控えめな印象です。
せっかくだから、例によって恥ずかしい目に合ってもらいます。
女性の装備を剝ぐのは何だか申し訳ない気もしますが…リンウェやアリンゴスも剝いだし、ここは平等に。

skyrim_ss1063.jpg
さすがにワンパターンですね。そろそろ自重します。
パーフェクト・タッチ、今回初めて取得したスキルなのですが…クセになりそうでヤバい…。
NPCを素っ裸にできるのは、想像以上に楽しいです。

ちなみにこの人、父親からの手紙でサーベルキャット呼ばわりされたり、仲間からもマンモス呼ばわりされてますが、
スカイリム的には余裕で美人さんの部類に入ると思うんですがね。
マンモスのように毛深いとか、失礼です。そんなこと言ったらカジートなんてどうすればいいのよ。

それにしてもパインウォッチは仲間内が非常にギスギスしているため、宝物庫を荒らし、頭目の装備を剝いでおけば、
旗なんか燃やさなくっても勝手に内部分裂しそうですね。

まぁ、向こうから盗賊ギルドに喧嘩売ってきたサマーセット・シャドウズとは違って、
パインウォッチの山賊たちはエンドンとギルドのつながりなんか知らなかったのでしょうし、
別に今回は見せしめる必要も、スカイリムから追い出す必要もないのですが。

skyrim_ss1067.jpg
多分、スカイリム1豪華な宝物庫ですよね、これ。他のクエストで辿り着く宝物庫も、これくらい頑張って欲しいものです。
足元に罠、という原始的な構造も、これだけ宝物を積まれたら引っかかるのも分かります。
だってねえ、目の前にどーんと金銀財宝を並べられたら…。

なお、この小娘、エンドンの金型のことは拾うまで忘れてました。


 *  *  *

skyrim_ss1073.jpg
そしてマルカルスへ戻ることすら忘れてる小娘。
完全に油断しきってますね。こういう油断が世の中では命取りになるものです。

skyrim_ss1075.jpg
いきなりトロールが襲ってきました。
え?なにこれ、パインウォッチの山賊はドーンガードに先駆けてトロールを飼いならしていたとかそういうこと?
完全に油断しきっていたので、画面が赤く染まってます。(画面外ですが体力バーもヤバい)

一先ずトロールを撒き、はぁ…何だったのかしら、と溜息を吐きながら街道を進むと、遠くから一団の人影が。
お、もしかして帝国兵か誰かかしら。ぜひとも近くの町までご一緒して欲しい…と近づいたのが運の尽き。

skyrim_ss1078.jpg
なんなの今夜は!

もしかして、これがデルビンの言っていた呪いなんでしょうか。小娘、ちょっと調子に乗って稼ぎ過ぎたのかしら。
ギルドに降りかかっている不運というものを、初めて身をもって味わった気がします。
ちょっと信仰心持つことにしますから、ノクターナル様、マジで自重してください。

山賊から逃げるときに進行方向を間違えてしまったため、マルカルス行きではなく、
リバーウッドからホワイトランへ向かい、馬車を使うことにしました。

skyrim_ss1086.jpg

上手に焼けましたー

08 18, 2014 | 盗賊こむすめ

2 Comments
お小遣いを貰うため、ゴールデングロウ農園に侵入することにしました。

skyrim_ss1122.jpg
何となく、このクエストは月のきれいな夜に決行したくなります。
今夜はまさに、焼き討ち日和。
本当はオーロラを待ってたんですが…リフテンって曇り空が多いと思う。

中に忍び込む前に、まずは焼き討ち。

skyrim_ss1127.jpg
よく晴れた冬の夜。リフテンからも良く見えることでしょう。うふふ。
傭兵が集まってきますが、闇が身を隠す夜の屋外。見つかるつもりは毛頭ありません。
て言うか真っ暗で、こちらもどこに傭兵がいるのかいまいち分かりませんでした。

そしてハチの巣は言われたとおり3つ燃やします。
「ハチの巣を3つ以上燃やすなと言っただろう!」と怒ってるときの声も好きなので残念ですが。
ブリニョルフは声を荒げているときが一番格好いいと思います。ガラが悪くて。
これ以降のクエストラインだと、小娘相手に叱りつけることってないんですよねー。至極残念。
あ、小娘は叱られつつキュンキュンときめいているので全く効果がありません。ドMですね。

まぁでも、わざと失敗するような真似もしたくないのでちゃんとやります。
叱られるのも好きですが、褒められるのはもっと好きです。だから、ご主人様の言いつけはちゃんと守るネコなのです。

…最近、小娘の「ごしゅじんさま」呼ばわりがメイド的な意味なのか、ペット的な意味なのかよく分からなくなってきました。
ブログの主旨としてはメイド的な意味のはずなのですが。
書いてる私が分からなくなっているこの状況、読んでくださっている方々にはどのように見えているのでしょうか。

メイド成分を増やすにはどうすればよいのかと悩みつつも屋敷に侵入。
焼き討ちすると、ほとんどの傭兵はハチの巣方面に行くため、正面玄関から余裕で入れます。
ちなみに下水道からは入らなかったのには訳がありまして。

skyrim_ss1145.jpg
不殺でここを乗り越えられませんでした。
スキーヴァーに見つかったり、トラップワイヤーに引っかかってスキーヴァーもろとも焼けたり…。
別にトラップでスキーヴァーが死ぬのはジャーナルに残らないから構わないんですが、それで遠くのスキーヴァーに気づかれて…。
何かこう、プレイ的に満足できなかったので没にしました。

戦闘縛り、街道を歩いているときもそうなんですが…人よりも野生動物が厄介です。
傭兵とか衛兵の類は決められたルートを歩いているだけだし、適度に立ち止まってくれたりするので抜けやすいんですが。

skyrim_ss1130.jpg
なお、ここは盗賊ギルド最初のクエストというだけあって、サビョルンの私室に行くまでは基本的に楽です。
迂回ルートが用意されていたり、傭兵が明後日の方を向いたまま動かなかったり。

あ、ちなみに「毒牙」のperkは持っているので、ホウキなくても麻痺毒スリ渡しは可能です。
可能ですが、そもそもスリ渡しが可能ってことは隠密可能ってことで…。
あくまで麻痺毒は発見されたときの緊急回避的な意味合いだと思ってます。

skyrim_ss1172.jpg
アリンゴスの部屋に侵入し、メイビンのお怒りについて報復しておきました。
命は奪わず、辱めるだけ…って、よく考えると相当えげつないですね。

ちなみにこの人、エルフの矢やらドワーフの矢やら、やたらと色々な矢を持ってるんですが…矢のコレクター?
そう言えばブリニョルフがウッドエルフって言ってましたね、アリンゴス。
エルフの弓も固定で持ってるし、もしかしたらそれなりの腕前なのかもしれません。
今回は戦わないし、戦ったとしても屋内なので…その腕前を見ることはないでしょうが。

まあ、実際のところ金庫は熟練者レベルなので自分で開けても良いのです。
ここへ来たのはデルビンへのお土産を回収するため。

skyrim_ss1170.jpg
ちなみに前回プレイのときもこれは回収したのですが、なぜかデルビンに売却後、
女王蜂の像がメルセル後ろの棚に並ばずに消えてしまいました。
そのまま、ホニングブリュー以降のユニークアイテム売却フラグも立たず仕舞い。
原因は不明ですが、今回はそんなことがないよう祈るのみです。

ギルドマスター執務机の後ろの棚、一度でいいから全部埋めてみたいんですよね。
デルビン&ヴェックスの依頼を125個…これ、成し遂げた人ってどれくらいいるのかしら…。
バレンジアの石集めなんかより、ずっと難易度高いじゃないですか…。

さて、屋敷内地下の金庫室へ向かいます。
多分ココの傭兵が最後の砦。進行方向を向いてどっかりと座ってます。

skyrim_ss1175.jpg
でも抜けれるんですね、これが。
これぞ小娘の真の力!…装備のおかげ?それもあります。

ちなみにレベルも20を超えたため、そろそろ(優)がお店に並ばないかなぁ…と期待しています。
レベルをあまり上げると敵が強くなってしまう、と最初はちょっと不安だったのですが、
よく考えてみると戦わないから関係ないと気づきました。
隠密で逃げるだけなら、山賊も山賊略奪団も大して変わりません。

skyrim_ss1176.jpg
金庫室に入り、金庫の中のものから小銭入れまで根こそぎ頂きます。
ご丁寧に金庫室から下水道への帰り道(一方通行)まで作られているので、便利です。
(ちなみに、帰りはスキーヴァーの道は通らずに済みます)


skyrim_ss1150.jpg
貯水池に戻るとブリニョルフが待っているので、さっそく報告。
ご主人様が小娘のこと待っててくれた!的にテンション上がってるため、よく見ると足元がかなりギリギリです。
ここで落っこちたら、周りのギルドメンバーから年単位でネタにされそう…。

ブリニョルフにゴールデングロウ農園の譲渡状を渡し、そのまま「湿ったスピリッツ」が始まります。
もちろんお小遣いもちゃんと貰いました。

skyrim_ss1161.jpg
これは久々の眼福なSS。やっぱりフラゴンにいるときよりも貯水池の方が光源が明るくていいですね。
男性美化はHigh Res Face Maps for Menを使っていますが、薄暗いところだと顔の陰影が強調されてしまい、
なかなか「コレ!」って感じのが撮れないのです。

思いがけないご褒美も貰ったことだし、メイビンのところにも浮かれ調子で向かえそうです。

見せしめに燃やすということ

08 14, 2014 | 盗賊こむすめ

2 Comments
特殊任務「サマーセット・シャドウズ」に行ってきました。
実は、結構前から発生していたんですが…
リンウェを殺さずにフョトリのロケットを回収するには、パーフェクト・タッチを取得する必要があったので。
まったく、何で装備してるんだよ…宝箱にでもしまっておけよ…と心底恨みましたが仕方ありません。

隠密はまだ80に達していませんが、その代わりにレディアンド装具店で忍びの指輪(大)が売っていたので購入。

何しろ、特殊任務が発生してしまったら、普通のデルビン&ヴェックスの依頼を受けられないのが辛い。
今回は盗みしか稼ぎがないので、この2人から貰えるお小遣いも重要なのです。

というわけで、ウィンドヘルムのトルステン・クルーエル・シーのところへ。

skyrim_ss984.jpg
そういえば今回はドラゴンズ・リーチのような潜入任務じゃないのだから、メイド服を着てくる必要はありませんでした。
なんだかとても寒そうですね。

で、トルステンからニラナイのことを聞き、ウィンドヘルムのニューグニシス・コーナークラブへ。
ニラナイさんに話を聞いて、アターリング・ヒルズ洞窟へ向かいます。

この人、自分のことを「スカイリムで最高の盗品商のひとり」と言ってますが、個人的には4番目くらいに最高だと思います。
1箇所に留まって24時間営業してくれるトニリア&ガラム・エイ&マラス・マッキウスの3人は別格ですから。
そう言えばこの3人とも特殊任務じゃなくてクエストラインですね。

なんてことを考えつつ、途中でアイスウルフ2匹をすり抜けつつ、アターリング・ヒルズ洞窟へ到着。
見張りは2人だけだったので、さっさと中に入ります。

skyrim_ss991.jpg
なんでこんな洞窟を選んだのか、というか、そもそもなぜウィンドヘルムを選んだのか。
全てがハイエルフを拒んでる環境だと思うんだけど・・・。

ニラナイといい、サマーセット・シャドウズといい、なんかこのクエスト、場所間違ってない?

skyrim_ss992.jpg
焚き火の傍で2人くつろいでました。やっぱり寒いのか。
弓矢で注意を逸らそうかとも思いましたが、普通に影になってる部分をすり抜けられました。
持ってて良かった忍びの指輪(大)。忍びの首飾り(大)も欲しいです。

skyrim_ss996.jpg
で。
ここでオプションの「サマーセット・シャドウズの旗を破壊する」が発生します。
これって、デルビンに言われたわけでも、ニラナイに言われたわけでもなく、
旗を見つけることで自発的に「そうだ燃やそう!」って感じのオプションですよね。

「旗がある→燃やす」という思考回路を持つ、世のドヴァーキンさんたちが心配になります。

何ていうか、ナチュラル犯罪者思考というか…ギルド色に染まってきたなぁ、という感じがして。
見せしめとして旗を焼くって、健全な一般市民の発想ではないですよね。
マフィア的というか…まぁ、盗賊ギルドなんでそれで正しいんですけど。

どちらにせよ、この小娘はドヴァーキンじゃない単なるカジートメイドなので関係ないんですけどね。
「燃やしたら褒めてくれるかな?」くらいだと思います。

もちろん魔法なんて使えませんので、松明を持ち込んで来ていたのですが…

skyrim_ss997.jpg
なんで?
いつもこれで燃やせてたはずなのに…なんで燃えないの?
しばらくたいまつを持ってじたばたしてみましたが、燃える気配はありません。なにこのたいまつ、不良品?
ここまで来て燃やさずに帰るのも残念だし、かといって魔法は縛り対象だし…。

他に手段はないかと所持品を見てみると…ありました。一応。

skyrim_ss999_20140811172912956.jpg
どうしよう、本気でもったいない。
闇の一党みたいに、オプションを達成したらボーナスを貰える職場ってわけでもないのに…。

何かあったときのために、と買ったものなのです。1000ゴールド以上したんです。(←話術低い)
拾ったわけでも盗んだわけでもないのです。

うー・・・しかも、敵を倒すためでなく、旗を燃やすだけのために達人魔法・・・

うーん・・・


skyrim_ss1000.jpg
ここまで来て燃やさずに帰れるかー!

で、当然と言うか何というか、リンウェにバレました。
そりゃそうだよね、隣の部屋で達人魔法がどかーん、だもの。

たいまつが使えなかった時点で隠密はあきらめていたので、もうヤケです。

skyrim_ss1003_20140811172920f7b.jpg
ほうきに麻痺毒をなすりつけてブン殴りました。
盗んだあとはひたすらダッシュで…と思ったものの、どうやら隣の部屋にいる仲間は気づいていない様子。
パンツ一丁のリンウェを残し、普通に隠密で帰りました。

よく考えたら、今回はリンウェ装備いらなかったわ、と思いつつ…まぁ、これも見せしめの一環かな?
旗を燃やされた上にリーダーがパンツ一丁のすっぽんぽんにされる…いいじゃないですか。
しかもリーダー以外は誰も侵入者にすら気づいていない。笑いが止まりませんね。


skyrim_ss1010.jpg
恥ずかしくっていたたまれなくなって、サマーセット島に帰ったのでしょう。きっと。
これでニラナイも安全です。


結論として、達人魔法がなければ隠密は大体成功していたと言えるかな?と。
一応この後で旗を燃やさない編もやってみましたが、それだと徹頭徹尾、隠密可能でした。

skyrim_ss1030.jpg
そして小遣いをせびる小娘。
せめて巻物代くらいは出していただけると助かるのですが。
さすがに宝箱を漁る余裕はなかったので完全なる赤字クエストになってしまいました。

skyrim_ss1034.jpg
そう言えばブリニョルフは見せしめとしてハチの巣を燃やせって言ってましたね。
つまり、やっぱり、犯罪者思考だということです。うん。

盗賊こむすめの本気。

08 11, 2014 | 盗賊こむすめ

2 Comments
skyrim_ss930b.jpg
クエスト「潜入」に挑戦しました。
忍び込んで、レバーを上げるだけの簡単なお仕事です。

この砦は、裏の斜面が崩れているのでそこからダイレクトに中庭へ侵入可能。ちょろい。

skyrim_ss959.jpg
そう。ちょろかったんです。ここまでは。
ちなみに、画像左下はゲーム内時刻です。なぜそんなものを表示したかと言うと・・・

skyrim_ss960_201408101648475fb.jpg
開幕1分でストーリオの護衛2人がソブンガルデ。弱すぎるだろ護衛。
ストーリオのみはプロテクト属性のためダウンするだけですが、
復活→ボコられる→ダウン→復活→ボコられ・・・(以下略)の永久運動が始まりました。
何というか、ここって山賊7,8人くらいいるんですね。

仕方ないので小娘が手伝ってあげることにしました。

skyrim_ss934_20140810151756fb6.jpg

skyrim_ss932.jpg
闇夜に紛れて武器と装備をスリとっていきます。
これが小娘にできる全力です。がんばれストーリオ。

そして延々と繰り返されるダウンと復活のループ・・・




skyrim_ss925.jpg
夜明けまで延々とパンツ1丁の山賊たちVSへたりこんで回復待ちのストーリオという地獄絵図が展開されていました。
何とかしてあげたいものの、明るくなってしまうと小娘の隠密にも限界があるため、もはや出来ることは何もありません。
ストーリオは回復呪文を持ってるため、じわじわと山賊の人数は減ってきているのですが、
約一名、なぜか素手格闘のプロフェッショナルなオークがいらっしゃって・・・多分そこで3時間くらいかかってたと思います。
(↑パンチ一発でストーリオがダウンするorz)

skyrim_ss929_20140810151758ccd.jpg
ようやく終了。
ストーリオってこんな格好なのに魔術師だったんですね。
あらかじめ魔術師のローブとか魔術の薬をスリ入れておけば少しはマシだったのかしら。

まぁ、時間はかかりますが、プロテクト属性が1人いるだけで何とかなることは判明。
あと、武器をスリとるだけでなく、可能な限りは防具(鎧だけでも)をスルことができれば早いと分かりました。
今後の参考にします。

ちなみに剥ぎ取れなかった人が1人いまして。
なぜか隠密状態なのにスリ不可だったんですが・・・これって何なのかしら。
何度試してもその1人だけはムリで。なにかルールとかあるのかなぁ。
正直、先にスリを上げまくったのは今後の特殊任務で絶対必要になるからなので、
条件が分からないのはちょっと不安ですね。


で。上のクエストでも分かるとおり、

skyrim_ss917_2014081015181985b.jpg
ちなみに隠密はまだ70くらいです。
今まで隠密がホイホイ上がってたのって、スニークショットのときのスキル経験値が高かったんだなぁ、と痛感。
ただ、この位のレベルでも深夜の屋外ならそれなりに近づけると分かりました。
まぁ盗賊ギルドのクエストラインは屋内ダンジョンが多いので、まだ足りないと思うけど・・・。

最近、盗賊やってません。

08 06, 2014 | 盗賊こむすめ

2 Comments
DRAGONPORN様ですばらしいModが紹介されていました。
仕事忙しいのに2日連続更新とか、何やってるのでしょう自分。

skyrim_ss911.jpg
ao's stuffed toy v1.0(作者様のサイトに飛びます)というModです。
ぬいぐるみです。ブリニョルフのぬいぐるみですよ。
(セロさんのもありますが割愛。まだ会ったことないし…)

skyrim_ss912.jpg
しかも添い寝用まで。


小娘、深夜にリバーウッドまでダッシュ。

skyrim_ss908.jpg
初回イベント会話中に堂々と割り込みます。金の爪なにそれおいしいの。
あ、よく考えたらイベント中だから夜中でも開いてたのか。アーヴェル、グッジョブ!


帰ってきました。さっそく枕元に飾りました。

skyrim_ss909.jpg
本人にとってはすさまじい羞恥プレイな気もします。
あの人、どんな顔して貯水池に入って来ればいいのでしょうか。
小娘に限らず、カジートって周りの迷惑を考えないところがありますよね。

そろそろブリニョルフはこの小娘を一度叱っていいと思います。最近はロクなことしてませんし。


ちなみに、1つずつしか売っていなかったので、また行きます。携帯用に。
V1.0ということは、今後まだ追加されていくのかもしれませんが、個人的にはすでに満足です。

メイドのお仕事

08 05, 2014 | 盗賊こむすめ

2 Comments
skyrim_ss897.jpg
High Quality Food and Ingredientsという、食べ物がおいしそうになるリテクスチャを教えて頂きました。
パンやベイクドポテト、チョップなどほとんどの食べ物が食欲をそそります。
画面見切れてますが、吊るしてあるウサギやキジなども毛艶が良くなっています。
これは、メイドさんとしてはお掃除ばかりではなく、お料理にも精を出すべきですね。

よし、前回のお礼もかねてギルドマスター・メルセルにご飯を作ってあげましょう。

skyrim_ss899.jpg
料理をしていると、ギルドの皆が寄ってきました。
シンリック・エンデルがすごく微妙な顔をしてこちらを見ています。分けてあげてもいいのよ?

そういえば、前回はギルドの皆にも助けてもらったし、あとで貯水池のテーブルにも置いておきましょう。
まずは、出来立てをメルセル氏のデスクに運びます。

skyrim_ss904.jpg
Jas Better Foodというカジート料理のModで導入されたラインナップです。
導入すると、料理のラインナップが増えて楽しいです。
材料?普通ですよ。
ホーカーの肉とか、小麦とか、卵とか、ムーンシュガーとか、スクゥーマとか。

skyrim_ss186_20140805205251d99.jpg
おなかいっぱい食べてね!

ちなみに、このModを入れるとカジートキャラバンの商品にも色々追加されます。
今までもついつい砂糖とかに無駄遣いしていたと言うのに、クッキーやらチョコレートやら、
小娘のおこづかいがどんどん減っていきます。
ただでさえ、今回は盗賊家業以外に稼ぎがないのに…。
(※カジートキャラバンはクエストラインで盗品商になるため、「ギルドの仲間」とみなして盗み・スリの対象外)

カジート版「美食家」もいらっしゃるようで

skyrim_ss901.jpg
日本語訳を作った方が奮戦してくださったのか、ちゃんとカジート調に翻訳されています。
ステキですね。小娘はベッドサイドに置いてます。
カジート料理はきっとカジートメイドのたしなみなのです。


…と、実はJas Better Foodは初回プレイのときから欠かさず導入してきたModなのですが、
ようやく紹介できてとても満足です。
カジート料理、普及して欲しいなぁ。


おまけ。

skyrim_ss906.jpg
小娘に悪意はありません。救いようがないほどアホなだけです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。