プロフィール

Khajiita

Author:Khajiita
盗賊ギルドとブリニョルフ大好きな小娘カジート。
基本的に興味のあるクエストしかやらないので、まだメインも内戦もしたことがない。

盗賊こむすめのまとめ
カジート姐さんのまとめ
(旧)盗賊こむすめのまとめ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
ブックマーク・リンク
検索フォーム

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レイヴン・ロック上陸。

02 23, 2014 | カジート姐さん

2 Comments
skyrim_ss763.jpg
やってきましたソルスセイム。
全体的に赤茶けた感じがするのは、火山灰の影響なのでしょうか。

朝にウィンドヘルムを経って、昼過ぎに到着…意外と近いんですね。
これなら、まずは街をぐるっと見て回れそうです。…と思っていたら。

skyrim_ss764.jpg
一通り会話をしましたが、ミラークさんって何なんですかね。
船に乗るときもミラークが云々って会話が出たけど、正直、観光気分なのであまり関わりたくないのですが。

大地の岩だか何だかを調べろということは、そっちに近づかなければいいと判断。

skyrim_ss766.jpg
だってほら、ハネムーンだし。戦ったり何だりは二の次です。
たまにはそんな風にゆったりと街を巡るのもいいものじゃないですか。

skyrim_ss783.jpg
何ぞこれ。
イベント?イベント戦なのこれ?でも名無しドラゴンだし…ただのランダムイベントなの?
一先ず倒したけど…その後で何かが起こるわけでもなく、普通のドラゴン…のようです。なんなのよ。

別にドラゴンボーンでございって喧伝したいわけでもないんだけどなぁ。

まぁ、それはそれとして、レイヴン・ロック観光。

ここに住んでいる人たちは、基本的にブラックライトから逃げてきた元難民が多いんでしょうか。
ウィンドヘルム程じゃないけど、ネガティブなセリフが多い感じがします。
錬金素材や食品なんかはスカイリムとは大分違うと思っていたら、そもそも火山灰地で作物が育たないそうで。
アッシュ・ヤムとかいうイモ的な物が主食のようです。タロイモ系かしら。

あまり広い街ではないうえに、店舗がほとんど露店なのでぐるっと回るのはあっという間でした。
街のはずれに明らかに怪しい何かがあります。発掘現場かな?
近寄ってみると、ネロスさんとかいう偉そうな人が登場。

skyrim_ss779.jpg
あ、この人は知ってる。ニコニコ動画の最大トーナメントで暴れてた人。敵なのか味方なのかは知らないけど。
エラく強い人ですよね。戦わなくてすむことを願ってます。









skyrim_ss780.jpg

・・・はぁ?
ここ、さっきエイドリルさんだかに言われたミラークさんのところか!
街中にあるなんて聞いてないわ…どこかのダンジョンなんだと思ってた!
うぅ、あまり関わりたくなかったのに…。
ネロスさんからミラークの聖堂がどうとか言われたけど、近寄るもんか。

気分を変えて…日も暮れてきたし、レッチング・ネッチ・コーナークラブ(長い)へ。旅の楽しみは食事よね。

skyrim_ss777.jpg
街のあちこちにあるランプが可愛いです。1つ自宅に買って帰りたい。
スジャンマとフリン、マッツェは1つずつ購入しました。サックマンへのお土産にでもしましょう。
それにしてもスカイリム本土のハチミツ酒やワインはともかく…味の想像が出来ません。

skyrim_ss787.jpg
夜も更けてきたのでそのまま宿を取りました。
野良イヌって勝手に着いてくるけど、宿まで着いて来た子は初めてかもしれません。

何か色々食べ物とか素材とか新しくて楽しいですね。
スコール村とかいう村もあるそうなので、明日は街の外まで行ってみたいものです。









skyrim_ss789.jpg
ここはどこですか。

地図を見たら、レイヴン・ロックの対角線上…スコール村とやらの近くでした。どうやって帰るのよここから…。
ていうか、関わりたくないっちゅーに…。
スポンサーサイト

ハネムーンに出発!

02 20, 2014 | カジート姐さん

2 Comments
skyrim_ss728_201402201519149b5.jpg
執政サックマンはマジメに働いてくれています。
これで娘も安心だし、そろそろ旅に出ます。
結婚したら新婚旅行だよね!

というわけで、せっかくのハネムーンですし衣装を変えることにしました。
新婚旅行といえばペアルック、という昭和のカップルでもそんなことしなかろう、という阿呆な試みです。

花婿衣装すら着てくれなかったラ・ジールですが、重装かつ自前の防具よりも防御力が高ければ鎧は装備してくれる様子。
色々やってみましたが、小手・ブーツは何をどうやっても脱いでくれない…。

余談ですが、本当はAFTには装備を可視化したり、所持品を全てプレイヤーに移動するコマンドなんかもあります。
ただ…ラ・ジールの装備はプレイヤーに所持が出来ないようで、AFTのコマンドを使ったら100%フリーズします。
AFTの問題なのか、ラ・ジールの問題なのか確かめるため、リフテンのマーキュリオさんを剥ぎ取ってみましたが、
そちらは問題なく剥ぎ取れたので…多分、ラ・ジールの問題かと思われます。

というわけで、ペアルック的な外見で、ラ・ジールが着ても違和感のない装備…ということで探し回ってました。
で、結論。

姐さんは重装が似合わない。
ラ・ジールは軽装が似合わない。

駄目だこの夫婦。

skyrim_ss748.jpg
導入したのはEotW Dovahkiins Journeyman Armor
ちなみにラ・ジールに装備させている方はCKで重装に改造しました。
二人ともそれなりに似合ったのは奇跡としかいいようがありません。
いくつのModを試したかはもう覚えていません。いちいちCKでラ・ジールが着れるように直すのに心が折れそうでした。

あと、旅行なのでSabre Gear Backpackも。
ラ・ジールは大きい方を、姐さんは小さい方をそれぞれ装備。
ちなみにラ・ジールは積載量1000のバケモノなので、積載量UPはあまり重要ではありません。雰囲気です。

skyrim_ss756.jpg
マイーシャに挨拶して、

skyrim_ss754.jpg
サックマンに後事を託して。
それにしてもこの装備、色合いのせいかリュックを背負っているせいか、姉さんがやけに子供っぽく見えます。
赤いコートに茶色いリュックという組み合わせが学生っぽいのかもしれません。
一応、人妻かつ母親だというのに、どうしてこうなった。まぁいいや。

skyrim_ss749.jpg


ちなみにソルスセイム島からはガチの初見プレイになります。
出来る限り情報もシャットアウトしてきたので、ミラークさんという人がドラゴンボーンな事以外は知りません。

服を探してるときに一番気になったのは、ソルスセイムが暖かいのか寒いのか分からなかったことです。
北にあるし、ウィンドヘルムやウィンターホールド並に寒いのか。火山があるし、それなりに暖かいのか。
なんでこんなリアル旅行するときみたいな悩みが…。

さて、確かソルスセイム島にはウィンドヘルムから船が出てるんだっけ?楽しみです。

家政夫がキタ(古い)

02 16, 2014 | カジート姐さん

2 Comments
しばらく旅にも出てないし、結婚もしたし、新婚旅行でも…と思いつつ。
まだやらねばならないことが残っています。

とにかく、急務として執政が必要でして。
家の改装とかそういうのではなく、留守番として。
だって、家にマイーシャ一人残して外出なんて恐ろし過ぎる。

そんなわけで、色々考えたり探したりしました。

第一候補はやっぱりカジート。ネコハウスだし、執政もカジートってのが適切かな、と。
残念ながらカジートは執政ボイス非対応なので、おばちゃんのスカイリムガイド『アルゴニアン(男)執政化計画』
全面的に参考にしつつカジート男性を執政化。

BYOH01.jpg
Miscellaneous>FormListから「BYOHVoiceNonUnipue」を開き、
出てきたフォームリストにCharactor>VoiceTypeから「MaleKhajiit」をドラッグ&ドロップで叩き込みます。
対応セリフがないので無音になりますが、それでも構わなければこれで完了。簡単。

で、せっかくだからとスカイリムを探し回ってこの方をスカウト。

skyrim_ss709_20140216225315613.jpg
ちなみにフォロワー化はAmazingFollowerTweaksに含まれているパワーを使用しました。

で、しばらく試してみたんですが…なんか面白くない。
というか、さすがにネコ密度が高過ぎる。
あまりネコばかりいてもなぁ…という満腹感がすごいです。ラ・ジールが場所取るせいもあるけど。

というわけで、ムアイク執政は却下。

とは言っても、ネコ以外を雇いたいけど…でもネコハウスに人間を雇うのも…としばし悩みまして。
人間でも(同時にエルフでも)カジートでもないってどうすればいいのかと。
アルゴニアン、と言うのも頭に過ぎりましたが、カジート一家の中に一人だけアルゴニアン。だめだ、可哀相過ぎる。

…と、ひたすら悩みました。

で、悩んだ結論がこちら。

skyrim_ss713.jpg
Sackman Follower(リンク先:DragonPorn様)を導入。いっそ生命体ですらなければいいじゃない!
ちなみに、最初からVoiceTypeがMaleYoungEagerなので、フォロワーにして連れ帰ったら即執政にできます。

skyrim_ss712.jpg
声が若々しい上に何となく紳士的なイケメンボイスなので、凄くいい感じですね。
レイクビュー邸の謎屋敷レベルがupした気もしますが。きっと気のせいでしょう。



おまけ。

ザックマンはリフテンのビー・アンド・バルブにいます。
ついこないだ結婚式で行ったばかりなのに、またリフテンへ向かうのはさすがにくたびれるため、FTしました。

スカイリムでFTというと、ランダムイベントさんを召喚しているようなものですよね。
例によって、リフテンの街中に入ると聞こえてくるドラゴン戦BGM。
NPCに被害が出ては溜まりませんので、走りましたよ。

skyrim_ss710_20140216225317325.jpg

到着したら、もう終わってました。
ブリニョルフ、ムジョルだけでも不死2人なのに、小娘はナイチン弓+黒檀の矢。
何かあって武器出したときに狩猟弓だと格好つかないから、と装備させていたものですが…ドラゴン、かわいそうに。


私たち、結婚しました。

02 13, 2014 | カジート姐さん

2 Comments
skyrim_ss703_20140213232848a0a.jpg
リフテンのマーラ聖堂で結婚式です。

ちなみに、えー…実は、スカイリムで結婚するのはこれが2回目です。

ほら、あの…以前…FriendlyBrynjolfを導入…した…じゃないですか…(→こちらの記事
やっぱり、ねぇ…一度くらいは…見てみたかったわけで…

ちなみにそのときのSSは大事に大事に保存しておりますが、プレイ上はすぐにデータロードしました。
小娘の夢オチということになっております。

あ、ちなみに良い夫を演じているブリニョルフは心底別人だと思いました。
新居はハニーサイドだったんですが、プレイしつつ「何か違う」「誰だお前」という違和感が本当に凄かった。


話が盛大に逸れましたね。

スカイリムでは結婚対象のカジートが一人もいないので、カジート同士の結婚式、と言うのはちょっとレアかもしれません。
アルゴニアンの結婚とか、オークの結婚とか、色々あるみたいですが、カジートってどうなんでしょうね。
アルゴニアンは上質なサファイアが三つも必要な辺り、結婚の難易度高過ぎだろうと思いますが。
まぁカジートだし、適当な気がします。

なお、せっかくのウェディング、ということでウェディング・ドレスを探したわけですが。
…これがなかなかの難所となりました。

小娘は論外ってレベルでしたが、大なり小なりカジートって露出が似合わないのです。
そもそも大抵のドレス系Modって、人間に合わせて作られているじゃないですか。
胸元がばーんと開いていたり、背中がばーんと開いていたり。
カジートは胸が非常にお粗末な上、毛皮のせいで背中が見えてもミニスカートを履いてもしっくりしません。
アルゴニアンは結構セクシーな感じになるのになぁ…これがアルゴニアンメイドがベストセラーな理由なのでしょうか。

そんなわけで、しばしModの海を彷徨っていたわけです。

ウェディング・ドレス風のものはやっぱり露出高めだったり、着てみても似合わなかったり、
カラードレスは気に入った形のものに限って色合いが好みじゃなかったり。

しかしまぁ、よく考えてみたらカジート姐さんがいくら着飾ったところでラ・ジールはあの格好で参列するんだと思ったら
何もかもがどうでも良い気もしてきました。

skyrim_ss689.jpg
で、導入したドレスはこちら。
 Noble Wedding Dress
胸盛り過ぎじゃない?と突っ込まないラ・ジールはいい旦那になると思います。

そう、ラ・ジールなんですがね。あとマイーシャ。
せっかくだからこの2人も着飾らせたいと色々頑張ってみたんですが。
どれだけ頑張っても、ラ・ジールが着替えてくれなくて。
マイーシャも他の服を渡して着替えさせても、参列すると最初の服に戻ってて。

今回の記事が遅くなったのはほとんどこの2人のせいです。

ラ・ジールに関しては元々のModに装備自体が含まれているせいか、AFTの設定を見ても装備が表示されず。
しかも装備自体のIDが分からなかったため、コンソールでもどうにも出来ず。
CKで無理矢理剝ぐこと自体は出来そうだったのですが、その後で装備を戻す方法が皆目検討つかず。

マイーシャに関しては、あらかじめ着替えさせても結婚式の招待客として呼ばれるときにリセットされるようで。
これに関しては養子の裸バグの対処方法として「結婚式を挙げる」ことが推奨されているようなので、
服装その他が初期状態に戻るのは確実のようでした。

というわけで、カジート姐さん一人がウェディングで着飾っているという何か悲しいことになりました。
はぁ…。

ちなみに招待客はこんな感じ。

skyrim_ss700.jpg
今回のプレイではほとんど余分なクエストをこなしていなかったため、ゲストはルーカン・バレリウス一人でした。
何で小娘がいるのかは分かりません。
小娘追加したときに、試しにフォロワーになれるのも作ってみたのですが…そのセーブは残していないんだけど?
このデータでは何度かムーンシュガーを買っただけのはずなのですが。
NPCデータ設定したときにRelationshipRank上げてしまったのかしら。

まぁ多分、友達(?)が結婚するとか聞いて覗きに来てしまったのでしょう。

さて、これでHearthFireも一通り遊んだし、次は…


あ、執政忘れてた。
娘を一人家に残して遠出なんて出来ないんだった。

一家団欒のカタチ

02 09, 2014 | カジート姐さん

2 Comments
ようやくハウジングも一段落したのでちょっと小休止。
せっかくの娘との団欒を楽しむことにしました。

skyrim_ss630.jpg
カジートの本ってロクな物ないですよね。
「チェリムの心」を探したけれど見つからない、スカイリムの物欲センサー…。

skyrim_ss686.jpg
コメント欄でプランターModを教えて頂いたので、House Decorations - Plants and Flowersを導入しました。
私の環境では一旦家を出ようとセーブ&ロードをしようと初期配置に戻ってしまうものもいくつか…。
Modデータベースの方でも同じ症状を報告していた人がいるので、何かあるのかもしれません。
何度か試した結果、配置が上手くいくときといかないときがある様子。
これで部屋の空きスペースを観葉植物でごまかせました。華やかでよろしい。

ただし、当然と言うかNPCは避けて歩いてくれないので、通路上に置くと引っかかったりプランターが吹っ飛んだりします。
パーテーション的な使い方は出来そうもないので、導入時はお気をつけください。

skyrim_ss685.jpg
テーブルにも飾ってみました。
マイーシャはメインホールよりも寝室のテーブルが好きなようで、よくこっちに座っています。

何はともあれ、これでハウジングも満足しました。
今晩は肥沃土から初収穫したジャガイモやリーキを食卓にあげることにでもしましょう。


 * * *

以下おまけ。

skyrim_ss632.jpg

skyrim_ss631_20140204124544621.jpg




skyrim_ss635.jpg





skyrim_ss649.jpg





skyrim_ss646.jpg


次回は貴重な(?)カジート同士の結婚式になりそうです。

はじめての家作り

02 06, 2014 | カジート姐さん

2 Comments
全力で家作り中。
金銭的な心配がないのがせめてもの救いです。お金貯まってて良かった。

skyrim_ss589.jpg

skyrim_ss595_20140204113338866.jpg
忙しいです。
ていうか鋼玉のインゴットがなかなか売ってない。
アルヴォアさん家で済ませる予定が、ホワイトランまで行く羽目に。

ホワイトランの戦乙女は夫婦で別の品揃えなので助かりますね。

ちなみに今回の家作り、娘を迎えるのが目的なので、メインホールと寝室までの作成にする予定です。
最初からあまりでっかい家作っても持て余す未来しか見えない。
というか私、基本的に荷物置き場は宝箱1つあれば十分だと思ってるので…。

skyrim_ss598.jpg
メインホールと寝室のガワまで建築し、あとは内装。
子供用ベッドが必要ってことなので、先に寝室の内装を作…って、麦わらなんて持ってないよ?どこで売ってんの?
ヤギの角って何?リフトまで狩りに行けばいいの?
ガラス?ああ、雑貨屋で売ってたあの筒状のやつか!ハースファイアで使うものだったのね。

skyrim_ss594.jpg
そしてお母さん(予定)は再び買い物へ。
リバーウッド・トレーダーには麦わらが置いておらず、雑貨屋でいいの?ベレソアまで行けばあるの?と不安になったものの、
リサードのキャラバンで無事10個も入手。さらにヤギの角も商うカジートキャラバン最高。

ちなみにこの辺りでもうアイテムはコンソール入手でいいんじゃないかな…とか誘惑が聞こえ始めましたが、
なんだかそこをサボったら駄目な気もします。

今回迎え入れる養子はマイーシャ一人なので、子供用ベッドと宝箱も1つでいいのかなーと考えていたのですが、
それだと迎えに行っても「家はあるが、君を受け入れる余裕はない」というヒドい選択肢しか出ません。
もうちょっと言い方ってもんがあるでしょうに…。

取り急ぎ、もう一組の子供用ベッドと宝箱を作成。
メインホールががらんどうってのも寂しい話なのでテーブルセットや暖炉も作成。

何とかお迎えできそうな程度には家具がそろってきたので、いざ、クラバーの小屋へ。

skyrim_ss619.jpg
おぉ、子供服着るとこんな感じになるんですね。
これもまた可愛らしい。

養子になることを承諾した後もプレイヤーキャラクターに着いて来るってことはなかったので、
あれ?と不穏に思いましたが、家までFTしてみると、ちゃんと来ていました。一緒に来るわけじゃないのね。

skyrim_ss626.jpg


と言うわけで、取り急ぎHearthfireを満喫してみたわけですが…これ、なかなかのクセモノですね…。

今回は付呪・錬金・鍛冶なんかはほぼ使っていないので、付呪器や錬金台は設置しないで行きたいんですよ。
むしろ設置してあるとラ・ジールがふらふらとそこへ行って遊び始めるので。

なのに、家具をフルで設置しないとなんか妙な空白スペースができるorz
メインホールは現状こんな感じで1階部分はいいのですが、2階がほとんど空っぽです。

skyrim_ss639.jpg
今回は娘を迎えるために西側を寝室にしたんですが、その場合ってメインホールの2階に設置するダブルベッドって
誰のためなのでしょう?
普通のベッド2つに関しては執政と従者のためのものなんだろうなぁ…とは思えるのですが。
一般家庭にそんなたくさんベッドがあっても純粋に困るのですが、ダブルベッド設置しないと明らかに無駄スペース…orz

なんて感じで、設置して気に入ったらセーブ、気に入らなかったらロード…と色々試してます。

一応完成したのがこちら。

skyrim_ss650.jpg
家の周りは動物用の囲いなどを設置したかったのですが、家畜は執政がいないと購入できないとのこと。
やっぱり執政は必要か…。
馬屋はアルヴァクが休めるわけでもないので設置してません。
花壇は設置しましたが、家と岩壁に挟まれた日当たりの悪い場所なのでテンション上がりません。
肥沃土ってすごく便利機能って聞いていますが、それよりもガーデニング機能が欲しい。
置物みたいに使えるプランターのMod、前にどこかでみたことある気がするんだけど…探すときに限って見つからないorz

skyrim_ss641.jpg
キッチンはSteamWorkshopからShezries Hearthfire KitchensというModを導入し、メインホールの暖炉裏スペースを利用。

暖炉の真裏がオーブン、というのはとても正しいと思います。
ていうかこれが正式な状態でいいよね…台所のために1室はいらないよね…と思ってしまうのは日本人感覚なんでしょうか。
なお、ビンや樽、リンゴなどは全てアクティベート可能です。
ほとんどの食品を個別に収納できる優れものですが、それをやると料理のときに回収するのが面倒なので、
台所手前にある樽に全部突っ込んでいます。台無しですね。

居間、台所、寝室。暖かな団欒を過ごすためには十分ですね。
あとは…執政ですよね…マイーシャを一人で留守番させるわけには行かないし。
悩みどころです。

結婚は上手に計画的に。

02 04, 2014 | カジート姐さん

4 Comments
skyrim_ss562.jpg
突然ですが、捨てネコのマイーシャちゃんに会いに来ました。
 KhajiitChild Maisha
tktkさんはPrettyKhajiitのおかげで私の生き神様です。
なので、マイーシャちゃんにも是非一度会ってみたかったんです。
おぉ、噂どおり可愛らしい。

…可愛らしい、のですが。それよりも気になったことが。

skyrim_ss564.jpg
ちょっと会ってみたいなー、と思っただけでセーブするつもりもなかったのですが、
気づいてしまうと、なんかもう「それじゃバイバイ」というわけには行かないじゃないですか。
と言うわけで、うちの子にしてしまおうと決意。

カジート姐さんが母親になる決意を3秒くらいで固めたわけですが、
なぜか「うちの子になるか?」を選択しても会話が進みません。悩んだあげく、

養子に必要なもの→両親そろった温かい家庭

と発想が飛躍しまして。

skyrim_ss573_20140131032546424.jpg



いやね、必要なものは家だ、と完全に気づいてなかったです。
テンパってたとしか言いようがありません。

この後、マーラの聖堂へ走りつつ、ようやく家ないじゃん、と気づきました。式挙げる前で良かった。
いや、ロードはしましたがね。ごめん、ラ・ジール。

と言うわけで家です。暖かい家が必要です。
すぐに買える家はホワイトランのブリーズホームなんですが、さすがにあの狭い家にカジート3匹+リディアさんは辛い。
ていうかラ・ジールだけで普通の人の2倍くらい場所取るし。天井低いと入って来れないし。
と言うわけで却下。

他の家ですが…リフテンのハニーサイドも同じ理由で多分キツい。
あとあの家はCSの頃に散々利用しつくしたのでもう飽きました。イオナもいるし。
ソリチュードは使い勝手が悪いので却下。
ヴリンドリルの間はいいけどあんな街に子供を住ませちゃ駄目な気がする。

というわけで、こうなったら自分で建てるしかありません。せっかくのハースファイアだし。
ちょっと情報収集しながら考えて、ファルクリースに決定。
モーサルは陰気臭いし、今回は錬金やってないから必要ないし、
ドーンスターは見晴らしの良さが魅力的ですが、寒そうだし。
よし、家建てたら迎えに来るから。ちょっと待っててね。

そして今回プレイでまだ足を踏み入れてもいなかったファルクリースへ移動。
首長から手紙を貰ったのはやたらと昔な気もしますが、土地下さい。

skyrim_ss579.jpg
アルヴァクでエンバーシャード鉱山(ここファルクリース領なのね)に駆け込み、山賊を一層。

skyrim_ss607.jpg
気迫か執念か、カジート姐さんのフィニッシュ・ムーブがこれでもかってくらい発動し、ラ・ジール出る幕なし。
あなたいつもロクに戦ってもいないのに…これが母は強しってことなんでしょうか。母怖い。

返す刀でファルクリースに戻り、首長から土地購入。
あれ…従士になってないけどいいのかしら?まぁいいか。
ファルクリースの人助けって、某わんこのデイドラクエストしか思いつかないけど…他に何かあったかしら。
あまりこの街を拠点に活動したことがないので、いまいち人間関係その他よく分かってません。

何はともあれ、自宅予定地に到着。

skyrim_ss586_20140203233231b1b.jpg

ちなみに、結局データロードし直したので、プロポーズはなかったことになってます。
一時の血の迷いで大変なことをしでかすところでした。

家、建てたことないんですが、ちょっと情報収集してみないと色々取り返しつかなそうで怖いですね。
何か家によって建てれる設備が違うとか、オーブンで料理できるとか、執政を雇えるとかは知ってるけど、
実際に何をどうすればいいのか全然分からん…執政は連れてくる…のよね?確か。
カジートは執政になるの無理らしいし、こんなネコハウス(予定)の執政してくれる人なんて…いるかなぁ。

ちょっとマイーシャちゃんを見てみたかったはずが、何でこんなことに。
でも初めての家作り、結構楽しみです。

ドーンガード最後の戦い

02 02, 2014 | カジート姐さん

2 Comments
とか格好良くタイトルを入れてみたのですが、特筆するほどのことはありません。
だって、ストーリーの流れに身を任せるだけだし…。

ひとまず前回でアーリエルの弓は手に入ったので、ドーンガード砦に戻ります。
で、みんなでヴォルキハル城に討ち入るぜーという話になり、その前に全員を集めてイスランが決起集会をするのですが

skyrim_ss508.jpg
なんぞこれ。

でもこの後はみんなで「吸血鬼を倒せー!」だの「クロスボウのボルトを眉間にお見舞いするのよ!」盛り上がってました。
そして例によって駆け出すみなさん。

そう言えば、ドーンガード砦とヴォルキハル城ってスカイリムの対角線上に位置しています。
どうやって移動するんだろう…といそいそ追尾してみたのですが、どうやらデイスプリング峡谷で消えてしまう様子。
残念と言うべきか、当然と言うべきか…。

こちらもさっそくヴォルキハル城へ移動し、みんなで討ち入り開始です。

skyrim_ss517.jpg
ちなみに私はデスハウンドが非常に好きでして。
ハスキーも可愛いんですが、デスハウンド、真ん丸い目といい大きな口と言い、愛嬌のあるいいお顔で。
吸血鬼にはなりたくないけど、デスハウンドは1匹欲しいと切実に思います。

ちなみに手すりの上で頑張ってるのはガンマーです。なんでそんなとこに行ったのか。

ガーゴイルや門番さんなんかを蹴散らし、ヴォルキハル城へ突入してまた乱戦。
ちなみに私はほとんど何もしていません。
下手に何かすると誤爆しそうな人口密度なんですもの。
ドーンガードのメンバーって不死じゃないのよね?以前プレイしたときここでヴィラックさん死んだし。

無事に吸血鬼たちを倒して、いざハルコン戦へ…とハルコンのいる部屋の前に行くと

skyrim_ss522.jpg
そもそもヴォルキハル城内部まで入ってこれただけで祝杯モノだと思います。
大抵の場合、最初の橋で終わってる気がするのですが…中身はフロスト・トロールだったりするのか、君?

しかしこうやって見ると、こいつもなかなか可愛い顔をしてますね。

で、ハルコン戦なんですが。

…私は今までドーンガードで吸血鬼側を選択したことがないんですよ。
別に吸血鬼になるのが嫌って訳ではないし、初めてセラーナ連れてヴォルキハル城に来たときは
デスハウンドも可愛いしこっちも悪くないなーとは思ったものです。

じゃあ何で吸血鬼にならなかったか、なんですがね。

ハルコンの変身姿が…余りにダサすぎて…これにはなりたくない、と思ってしまったわけです。

正直、私と同じ理由で吸血鬼選ばなかった人は結構いると思うのですが。
だって何あの半裸。そりゃ人類の敵とか呼ばれるでしょ変態的な意味で。

吸血鬼の王って言うくらいなんだから、もっと…もうちょっと何とかなったのではないかと…

skyrim_ss524.jpg
なんてことを考えつつ、ハルコン戦終了。
いやぁ、太陽神のエルフの矢ってセラーナにも当てちゃ駄目だったのね。知らなかった。(ヒデェ)

そして、死に際のスケルトンになった姿もまたダサい。


ドーンガード砦の皆がヴォルキハル城を出て行ったあと、ソウル・ケルンに行ってヴァレリカさんも連れてきました。
ダーネヴィールがアイディール・マスターとした契約はチャラだと思うんですが…あの子、まだソウル・ケルンにいるのかしら。

skyrim_ss528.jpg




さて。

これにてドーンガードも終わりです。
吸血鬼のランダム襲撃を止めることが目的だったので、これ以上ドーンガードの皆さんとお付き合いすることはないでしょう。
あ、クロスボウのボルトは時々買いに来ることになると思うけど。

セラーナさんは吸血鬼治療していませんが、まだその会話を始めていないだけで治療しようと思えば出来るはず。
だってねえ、娘が定命の者になってしまったらお母さん可哀相だし。

なんてことを考えながら、吸血鬼もいないしってことで久々に夜遊びに。
夜が安全ってすばらしいですね。

skyrim_ss540_20140131032542a57.jpg
なんかいるうううううううぅぅぅorz
やりませんよ?絶対にあのクエストだけはやりませんよ?

何も知らないCSの頃にアホな小娘が引っかかり、訳の分からんクリーチャーと結婚の約束をしていた絶望のあまり、
手持ちの毒を一気飲みして自殺した苦い思い出が蘇ります(実話)。
もうご主人様に顔向けできない、とかそんなレベルで落ち込みました。

ちくしょう、スカイリムに安全な夜なんてないのか…。

…気を取り直して。さて、次は何をしようかしら。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。